プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
7日土曜日に姫路市夢前町にある雪彦山でyoneさん、イケチャン、トモショウ、私でマルチフリークライミングを楽しんできた。
雪彦山&備中 001
鳥取県、広島県、愛媛県、兵庫県から当日の早朝集合した。皆さま遠いところお疲れ様でした。

イケチャン、トモショウパーティーは
雪彦山&備中 002
三峰岳「友人登路 4P130m 5.11b」~不行岳北壁「温故知新 3P95m(*1)5.10b」を

私とyoneさんは
三峰岳「ニッチモ 4P130m 5.10d」~不行岳南東壁「サッチモ 3P80m 5.10c」を

雪彦山&備中 003
「ニッチモ」の取り付きでのyoneさん。左手握り拳に登攀開始前の緊張が伺える。

雪彦山&備中 005
「ニッチモ」の出だしから3ピン目までは傾斜が強いしルートを読む目の確かさをも求められる。
3ピン目までにフォールするとグランドの危険がある。
なので不安があれば躊躇することなくNPを取ろう。

私はフォローで約10kgの荷を背負って登り始めたが1ピン目から上に行けなくテンションした。
なんどやっても登れないので1ピン目のボルトにザックをヌンチャクで確保し長スリをかけて取りあえず1ピン目上の安定するところまで空身で登りロープを目一杯張ってもらい身体を逆さまにして腕をいっぱい伸ばしてヌンチャクを外しザックを引っ張り上げ何とか窮地を脱した。
その後はA0を多用して登った。
この時10kgのハンディーのきつさを思い知った。

雪彦山&備中 007
「ニッチモ」1ピッチ目終了のビレイ点にて
新緑が奇麗でした。

雪彦山&備中 010
「友人登路」4ピッチ目でビレイするトモショウ。

両パーティーとも8時50分ごろ登攀を開始し11時半に両パーティーとも三峰と不行のコルに着き昼飯にした。
雪彦山&備中 011
コーラを痛飲するイケチャン。

イケチャン、トモショウPを「温故知新」へのアプローチまで案内し12時50分「サッチモ」の登攀を開始した。
雪彦山&備中 012
「サッチモ」の取り付きで緊張しきった様子のyoneさん。
三峰岳ピークから見た不行岳南東壁の大きさに圧倒されたのか。
雪彦山&備中 013
この壁は薄いフレーク状の岩が重なっているそれも逆層にそして強く引っ張ると剥がれそうに感じる。
なので緊張しまくるのだ。おまけにランナウトがより一層緊張を高める。
雪彦山&備中 016
「サッチモ」核心のハング越えを前に緊張に顔を強張らせるyoneさん。
雪彦山&備中 018
ハングの下で未だボルトにクリップする前に足を滑らせ私を冷っとさせたりハングを越えて両足を突っ張ったまま暫く動かなかったりしたが粘りのクライミングで高度を上げて行った。

そして「サッチモ」の全3Pを見事オンサイト
雪彦山&備中 020
強く結んだ口元に充実感が伺える。
「ニッチモ」1・3P、「サッチモ」全3Pオンサイトおめでとうございました。

そして大天井岳ピークで
雪彦山&備中 022
やっと笑顔が出ました。14時30分登攀終了。

そのころイケチャン、トモショウPは
雪彦山&備中 021
「温故知新」最終3P目の登攀を開始したところでした。

そして待つこと約2時間
雪彦山&備中 023
不行岳ピークにトモショウが現れ
雪彦山&備中 024
続いてイケチャンが現れた。
雪彦山&備中 027
そして16時半大天井岳ピークに到着。
どうやら「温故知新」へのアプローチで迷って時間がかかったらしい。

雪彦山&備中 029
当初危惧していた天気にも恵まれ新緑の中久し振りに気持ちの良いマルチを楽しんだ。
次は秋の紅葉の時期に行こう!

その後私は翌日備中で行われる『岩戸開き in 用瀬祭』を手伝うため一路西へ
その様子は明日

*1…「温故知新」へは不行沢から4P105m、三峰のコルからなら3P65mのアプローチがある。
コメント

素晴らしい、マルチピッチクライミング

何とか無事にルート終了することが出来ました。素晴らしいクライミングの体験をさせていただきました。
これも、一重にご案内いただいたおかげです。
しかし、登攀中、我ながら顔が引きつりまくってますね。
秋には是非また、出かけたいと思います。何から何まで、本当にお世話になりっぱなしでした。ほんとにありがとうございました。



丁寧な案内をありがとうございました。
何度でも足を運びたくなる山ですね。ルートも変化に富んでいて、とても楽しかったです。リボルトも相当なご苦労があったかとお察しします。
他のルートも登ってみたいし、今回のルートをオールフリーで抜けてみたいし、楽しみが増えました。本当にありがとうございました。

yoneさん≫
お見事でした。
雪彦山の壁から見下ろす紅葉は最高ですので秋に是非来て下さい。

ともしょうさん≫
ブログ中で呼び捨てにしてすみませんでした。
雪彦山は良いでしょう~。
西日本では九州の比叡山に次ぐ規模があると私は思っています。
秋の紅葉の時期に是非来て下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ