プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日は、ゴボウの話を
ゴボウはゴボウでも、きんぴらごぼうなどの食べる牛蒡ではない。

フリークライミングでクライマーがフォールしてぶら下がった場合にフォールした所の最終支点(ヌンチャク等)まで壁側のロープを下に引っ張って登りかえすゴボウの話です。

何ゆゴボウと呼ばれるようになったか私は知らない。

このゴボウだがビレイヤーの上手い下手によりクライマーの労力に雲泥の差が出てくる。
なのでゴボウを行う時にはクライマーとビレイヤーの阿吽の呼吸が非常に大事になる。

上手いビレイヤーでのゴボウによる登り返しは労力を殆ど使う事はない。
反対に下手なビレイヤーでのゴボウは必要以上の労力を使うばかりでなく、フラストレーションが溜まり精神衛生上良くない。

上手いビレイヤーはクライマーが壁側のロープを下へ引っ張り始めると同時にロープをロックして身体全体を使ってロープを下又は後に引っ張り緩んだロープを素早く詰めてくれる。なのでクライマーが壁側のロープから手を放してもずり下がらず楽に早くフォールした所まで登り返せる。

反対に下手なビレイヤーはクライマーが壁側のロープを下へ引っ張り始めてもロックしないで、ただ手だけを使ってロープを詰める事しかしない、なのでクライマーが壁側のロープから手を放すと登り返した半分以上、中には登り返した距離だけずり下がり中々フォールした所まで登り返せない。
これをやられたら非常に疲れるし腹が立つ。

では何故上手い下手が生じるのか、私が思うに下手な人はゴボウのシステムを理解していないと思う。

私の経験から上手い方と下手な方は概ね掌握しているのでフォールするであろうルートを登る時には上手い方にビレイをお願いしている。

我会の中からゴボウを含めて上手いビレイをしてくれるのは、
女性では、はたねーとあらみちゃんだ。
特に、はたねーのビレイは私の経験からして天下一品であり感動さえ覚える。

男性では満太郎さん、ボス、リード君かな
ボスには未だビレイをしてもらったことは無いが傍で見ていて上手いなぁ~と何時も感心している。

ビレイの上手い下手はゴボウだけに限らず、クライマーから常に目を離さないで臨機応変にロープの繰り出しや詰める事をしなければならない。
そしてビレイの上手い下手によりクライマーが怪我をする割合が違ってくる。
この辺のことは又何時か書きます。
今日はこの辺で…。
コメント

こんばんは、河野です。
先日、PUMP2号店でインストラクターの研修会がありました。その中でこのごぼうとマメオさんがいわれている項目がありました。
この技術が広く知られるようになったのはユージが指にロープを巻きつけてしまって指の骨折という大怪我をしてしまってからですが、正確にはポンピングといいます。
ごぼうと呼べるのはロープの上側が完全に固定されている場合だと思うのですがどうでしょうか。
ちなみに僕の嫁さんにビレイしてもらっている時もどんどん高度が落ちていきます。(笑)

続きです

時々、ビレイヤーをまったく信用していないのかロープをダブルで握って登り返しをする人もいます。この場合、力尽きればかなり大フォールですが、コレが牛蒡に一番近いようです。クライミング用語は間違った使われ方が一人歩きして、広まってしまうことが多々あります。
テンションなんかも、外人さんはテイクとスラックしか使いませんでした。
最近は通じるようですが・・・・
恐るべし、和製英語!僕は出来るだけ使わないようにしていますが、時々口から出てしまいます。
忌まわしいですね。
インストラクターの間では、他にも使わないようにしようという用語がありますが、長くなるのでまた今度。

河野さんお久し振りです。
コメントありがとうございます。
私が読んだ本を参考にしたのですが
違うようですねぇ~。

混乱を招くクライミング用語は整理する必要がありますねぇ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ