FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
※被災地支援のためのキッチンロケットストーブ&ノブヒェン窯の製作へのご協力のお願い。。
被災地のライフラインの復旧という課題。テレビや新聞等の報道を見ていると、わずかに二ヶ月あまりの間に十分に進んでいるような錯覚に陥ります。しかし、事実はどうなのでしょう。。
現地入りした多くの隣人達の口を揃えるかのような言葉は、いまだ不十分どころか「個人レベルでは、いまだ始まってもいない」のが現状です。。
また、仮に一部のエリアのようにプロパンなどが普及されるようになった地域でも、この災害に伴って「職」をも失った人たちにとって「燃料を買う」ことは容易いことなのでしょうか。とりわけ、「自宅避難」をされる方々の支援はどのような状況にあるのでしょうか。

こういう方々の自律支援のためのツールとして、キッチンロケットストーブ&ノブヒェン窯の担える役割は大きいのではないかと考えます。そこで「焚き火小屋」では、現地での支援活動に懸命な友人たちと連動してキッチンロケットストーブ&ノブヒェン窯の製造と被災地送付を行うことにしました。

そこでこの思いにご理解をいただける方々にお願いです。。

焚き火小屋には作業する環境やツールの類は十分に揃っています。ですが、部品類の大半を新規購入しなければなりません。。また送料も、焚き火小屋のある島根から東北各県に宅急便などで届けるには思いのほかに大きな経費がかかります。
これをご理解いただいて、ご協働・ご支援いただける方を募集したいと考えています。。具体的にはロケットストーブやノブヒェン窯の部品を、例えば、ボウル一個、煙突の曲がり一個でも送っていただければ嬉しいです(ちなみに送料はご負担ください)。。また、一台分の宅急便の送料などを負担いただける方があっても良いかと思います。。

ぜひぜひ、ご協働・ご支援をお願いします。。



マメオです。
上記の文を読んで「なんのこっちゃ?」と思われる方が多いでしょう。
未だ一度もお会いした事のない友人のブログ「焚き火小屋の備忘録」から転載しました。
ロケットストーブやノブヒェン窯と聞き慣れない言葉が出てきます。
e0182134_15552627[1]
↑↑ロケットストーブです。

このストーブの原理を考案した人はラリー・ウィニアルスキー博士というオレゴン州の環境NGOのテクニカルディレクターで。
難民キャンプや貧困国の燃料事情・・木を燃料とするため山が裸になりその結果として起きる砂漠化や土壌流出。
燃料不足によって起きる衛生環境の悪化etc...を緩和するための効率的で現地調達できる材料で誰でも作れる簡単なストーブ、というコンセプトで作られたものです。情報はすべてオープンに誰でも使えるように公開されています。

e0182134_10163293[1]
ノブヒェン窯です。
ノブヒェンを焼くための窯でステンレスのボールを細工して作られています。

そしてノブヒェン窯で焼いたノブヒェンです。
e0182134_7573090[1]


ロケットストーブは昨年の秋ごろに友人が制作し始め試行錯誤されている時に東日本大震災が起こりました。
その想像を絶する被害の甚大さに心を痛めた友人が被災地の様子を伝える画像を観て瓦礫の廃材を燃料とするロケットストーブの制作することを思い立ち即実行に移された。
e0182134_1050531[1]
ロケットストーブ制作現場。

e0182134_0185956[1]
被災地で実際に使われているロケットストーブです。

e0182134_1125289[1]
そして被災地支援のため寸暇を惜しんでロケットストーブとノブヒェン窯を制作されている友人です。

この支援に賛同いただける方は下記の口座へ振り込みをお願いします。
私も僅かですが振り込まさせていただきました。

●郵便局 記号 15350  番号 6652291 ノブヒェンボキンプロジェクト

●ゆうちょ銀行  店名 五三八 店番 538 普通 0665229

宜しくお願いします。


しかし今日の記事程悩んだ記事は無い。
「ノブヒェン募金プロジェクト」の趣旨を少しも違わず伝えるのにはどうすればよいか、非常に悩んだ。
今記事を書き終えたがこのまま更新して良いのかと自問自答している。
が、私の文章力ではこれ以上は望めないので更新することにした。
詳しくは「焚き火小屋の備忘録」をご覧ください。

「焚き火小屋の備忘録」はここ

それからこの記事に掲載している写真は友人の許可を得て転載しました。
コメント

↑↑
了解です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ