プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今回お世話になったローカルのたけぞー君とsioちゃんの話で『日和佐の岩場』へのアプローチが非常に分かり難く辿り付けずに帰られるクライマーが多くいると聞きました。

なので今日は『日和佐の岩場』へのアプローチを紹介します。

日和佐の岩場には99%徳島市内を通って来られると思いますのでその辺から紹介します。


国道55線をひたすら南下し『道の駅 日和佐』を目指して下さい。

『道の駅 日和佐』の直前の信号を左折します、ここから『大浜海岸』の案内に従って下さい。

左折後突き当たりを左折し二つ目の信号を右折します。

左手に『美波町役場』を見て少し行くと斜め左に入って行く道がありますのでそちらに入って行きます。

手書きで『恵比寿浜』と書かれた看板があります。

しばらく道なりに行くと『白い燈台』と言う名の外観を水色で塗ったホテルが現れます。

このホテル『白い燈台』で日帰り入浴が出来ます、料金は500円ですが恵比寿浜キャンプ場でキャンプしていると申告すれば400円で入れます。

ここの自慢は『展望露天風呂』なんですが、この季節真っ暗で何も見えません。

ここから暫く道なりに行くと恵比寿浜の集落が現れます。

恵比寿浜キャンプ場は集落の中間より少し行ったところにありますが、一見ただの広っぱです。

ただしトイレは水洗ですし炊事用の水道もあります。
日和佐ツアー 098
奥の建物が管理棟でトイレがあります。

恵比寿浜キャンプ場を左に見て少し行くと左手に防波堤が現れます。
日和佐ツアー 100
写真では右側になっていますが写真の左側は海です。
防波堤の一ヶ所に写真の階段があります。階段の手前の草の生えたスペースに5台程駐車できます。

50m程先には無料の駐車場もあります。

階段を上がって来た方向を戻ります。
日和佐ツアー 101
100m程行くと右手に大きな桜の木があり階段が現れますので降りて下さい。
日和佐ツアー 102
階段を降りたら右へ行きます。

100m程行くと左手に『四国のみち』の標柱があり木の階段が現れイケチャンが《コマネチ》しています。
日和佐ツアー 001
イケチャンの《コマネチ》には多分お目にかかる事はないでしょう。

この階段をひたすら登って行きます、途中脇道がありますが道なりに登って下さい。

約10分程で展望台が現れます。
日和佐ツアー 002
ここからの眺めは絶景です。太平洋の水平線が見えます。

写真の矢印のところからが入って行きます。
日和佐ツアー 103

日和佐ツアー 104
最初の方は道も広いですがだんだん狭く滑り易くなります。

虎ロープや漁で使うロープがフィックされています。

道の右側はスパっと切れ落ちていて滑落すれば200程下の海に飛び込む事になります。
日和佐ツアー 004

日和佐ツアー 005
落ちれば確実に死にます、細心の注意を心掛けて下さい。

展望台から約10分程行くと視界が開けた所にでます。もう安心です。
右を見れば
日和佐ツアー 009
左を見れば
日和佐ツアー 010 (2)
岩場は左方向にあります、ドームの入り口は矢印辺りです。

日和佐ツアー 105
ドームの入り口ですが、SunnyKさんは上に行き過ぎていました。

防波堤の駐車スペースから約30分です。

私の場合ですが、山陽自動車道神戸西インターチェンジから岩場まで約3時間30分で行けました。

今回の《日和佐海亀クライミングツアー》で嬉しいお土産を戴きました。
001_20111222210654.jpg
しいちゃんからいただいた小豆島のオリーブの漬物?
初めて食べたが美味しかったです。ありがとう!

そして一目惚れして無理強いしていただいた。
007_20111222210711.jpg
職人たけぞー君が廃材を利用した手作りの組み立て式テーブル。ありがとう!

これからあっちこっちの遠征に持って行こうと思ってます。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ