FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
下記の提言は《香落渓で登り続けたいクライマー有志の会》東川邦和氏の承諾を得て全文を掲載しました。


香落渓の岩場で登り続けるために

 香落渓(こおちだに)の岩場は、熔結凝灰岩の見事な柱状節理群で、クラッククライミングのできる貴重なエリアです。三重県名張市の青蓮寺湖上流に位置し、東海・関西方面からは日帰り圏内で、春の桜、あゆ釣り、秋の紅葉と、多くの人が訪れる観光地でもあります。
 私たちはここの岩場(屏風岩、第一岩壁、MCの岩場、サニーサイド)に育てられ、技術を育み、クライミング仲間への信頼と友情を育ててきました。同時に、自身と仲間の安全に気を配り、開拓者の精神を尊重し、香落渓の岩場でいつまでも登り続けることができるように配慮して、クライミングを行ってきました。しかし近年、香落渓を訪れるクライマーが増え、事故が多発して、地域の方々を不安にさせています。MCの岩場はこの間の経緯の中で、登攀を自粛することにしました。そこで今回、香落渓を訪れるクライマーの間で、岩場利用のガイドラインを共有したいと考え、提言をまとめることにしました。

 この間の香落渓の事故は、クライミングの初歩的な知識、技術の欠如によるものが目立ちます。MCの岩場は香落渓では比較的易しいグレードで取り付きやすく、講習にもしばしば使われていましたが、ここでの事故が多発しました。07年には上部壁の取り付きから、クライマー・ビレイヤーともども転落するという事故が起こりました。これはクライマーのプロテクションの問題と、ビレイヤーがセルフビレイを取っていなかったことで起こりました。09年には、ロワーダウンしてきたクライマーが待機していた人に接触し、セルフビレーを取っていなかった待機者が転落し、頭部挫傷を負いました。救急車搬送とともに、警察の検証もあり、騒ぎに驚いた鮎簗場関係者が集まりました。
 MCの岩場は、立ち入り禁止の表示のある青蓮寺川河岸の作業道の奥にあり、青蓮寺湖のダム管理事務所から、立ち入りの許可はできないと言われています。地権者の承認も得られない状態で、これ以上無理にクライミングを続けることは難しいと判断し、MCの岩場は2010年から登攀を自粛しています。これが提言の直接的なきっかけになりました。さらに第一岩壁では、ロワーダウン時のロープのすっぽ抜けによるグランドフォールがありました。
 これらの事故は、いずれもクライミングの初歩的なミスであるため、自戒すると共に、いろんなクライマーがいるという事実に危機感を抱きました。私たちは勝手にクライミングをしているのであって、公に認められてクライミングしている訳ではありません。重大事故が起こった際には、いつ登攀禁止になってもおかしくない状況にあります。香落渓で大きなトラブルが起こらないように、これからも登り続けることができるように、以下の提言をまとめました。ご理解をいただき、充分に安全マージンを持って、クライミングを楽しんでいただきたいと思います。

1) MCの岩場は登攀を自粛してください。

2)責任をもって行動して下さい
 クライミングの安全管理ができない方、無責任に振る舞う方は香落渓では登らないでください。初心者どうしの利用で事故が起こっています。クラッククライミングに熟練した方と同伴の上、クライミングしてください。また講習会のリーダーは、クラックの技術だけを教えて危ないクライマーを増やすようなことはせず、クライミングの自己責任や香落渓のアクセス問題もご指導下さい。

3) 重大事故を未然に防ごう
 救急車を呼ぶような事故は、自分の損失だけでなく、周りのクライマーにも多大な迷惑をかけます。香落渓の岩場全体のアクセス問題に波及する恐れがある。そのように考えて、みんなの岩場を共に使う意識を持ってクライミングしてください。
◯ヘルメットを被ろう
 クラッククライミングはプロテクションの性格上、フォールの際にロープに足を引っかけやすく、足さばきに注意が必要です。ロープを引っ掛けると墜落姿勢を保ち難いため、香落渓では多くのクライマーがヘルメットを着用しています。ヘルメットの着用を強くお薦めします。
◯登る前に相互で安全確認をしよう(ロープを結ばず登るなんてことにならないために)
・ 「ハーネス良し!」 ハーネスの正しい装着、バックルの折り返し確認
・ 「ロープ良し!」  ロープの結び目の状態確認
・ 「ビレイ良し!」  ビレイヤーの確保器の状態確認
・ 「セルフ良し!」  セルフビレイの状態の確認
◯取り付きの危険に配慮しよう
 不安定なテラスからの転落事故が起きています。ビレイヤーは積極的にセルフビレイを取りましょう。また雨後や風の強い日は、落石や太い枯れ枝が落ちてくる事があります。取り付きでは不用意に壁に背を向けず、落下物に配慮して行動してください。
◯パーティ間で声を掛け合おう
 周りで登っているクライマーが、危険を予知することもあります。60mロープではロワーダウンできないルートもあります。一度事故が起こればその場の全員で対処しなければなりません。何か気付いたり疑問に思った場合に、他パーティであっても、気軽に声を掛け合える雰囲気を作っておきたいものです。

※これだけで事故を未然に防ぐことはできませんが、幾つかのリスクに配慮することで、行動全体がより注意深くなり、事故を減らす事ができると考えています。

4) 駐車場への配慮
・ 河鹿(かじか)橋から500m上流の廃屋周辺や、路肩の広い部分に分散して駐車してください
・ MCの岩場の林道入口ゲート前には駐車しないでください
・ あゆ釣りの時期は特別の配慮をしてください

5) 香落渓を利用するクライマーの緩やかなコミュニティーを作ろう
・ 地域の人たちといい関係を保とう、無視せず挨拶をしよう、地域の店を利用しよう
・ 救急、搬出実技講習会、漁協主催の青蓮寺川の清掃などに参加しよう
・ 香落渓利用のモラルを周知しよう
・ これらを通して、香落渓を利用するクライマーの緩やかなコミュニティーを作ろう

2012年6月21日             
文責 香落渓で登り続けたいクライマー有志の会 東川邦和
情報はこちらからhttp://waremenokai.cocolog-nifty.com/blog/


現在日本の全ての岩場(フリー、ボルダー)に於いて何らかの問題を抱えています。
駐車、糞尿、ゴミの放置そしてエリアにおいての奇声なども原因の一つになっています。
そして一番の問題は事故等で消防や警察の世話になることでしょう。
しかし事故を皆無にすることはハインリッヒの法則(一件の重大なトラブル・災害の裏には、29件の軽微なミス、そして300件のヒヤリ・ハットがあるとされる。)からして非常に難しいでしょう。
しかし見知らぬ同士ではあっても危ないことを見かけたら勇気を持って注意し合う事が事故の軽減になると思います。
そして駐車、糞尿、ゴミの放置そしてエリアにおいての奇声などは完全に無くす事が出来ます。
未来永劫に日本の岩場で登り続けていけるかどうかは貴方の心掛け次第ではないでしょうか。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ