プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
001_20120910195816.jpg
R&S#057の57ページに7月に起こった《那智の滝登攀騒動》に対する3人連盟の謝罪文が掲載されているので全文紹介します。


                       謝罪文

このたびは私たちが引き起こした那智の滝の不祥事で、熊野那智大社の関係各位、地元の皆様、そして登山やクライミングを愛好する皆様に、多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
また、地元熊野のクライマーの皆様をはじめ、クライミングエリアのアクセス問題対策に取り組んでこられた全国のクライマーの皆様の、今後の活動に影響を及ぼしかねない事態を招いてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
私たちの非常に愚かで身勝手な行動が、信仰の対象であり、大切な世界遺産でもある那智の滝への多くの方々の想いを踏みにじり、皆様に強い憤りの念を抱かせてしまったことを深く悔やんでおります。
また、前日に行われた火祭が、昨年の災害からの復興のシンボルともいえる重大な行事であったことを知り、この行為に及んでしまった無知と非礼に罪の意識が深まるばかりです。

7月22日に熊野那智大社へ謝罪に伺わせていただきました。宮司様からお話をいただき、昨年の災害からの復旧を経て火祭の実現に至るまでに尽力されてきた道すじ、長きにわたり那智の滝がご神体として信仰されてきた歴史や、滝を愛し保護に努めてこられた皆様方の信仰心を拝聴するほどに、私たちのとった行動がいかに無思慮で、身勝手な行為であったかを、あらためて痛感しております。
熊野那智大社をはじめ、多くの皆様にご迷惑をおかけし、また、これまで私たちの活動を支えていただいた方々を悲しませてしまいましたことに、謝罪の気持ちでいっぱいです。この滝を取り巻く環境を知った今でこそ、なぜこんな行為に及んでしまったのかと自責の念に駆られています。しかし当時の私たちには、この滝を登ることで、これほど大きな問題が生じることを予測できていませんでした。

知らない土地で何かを行うときは、その地域の情報をよく調べ、地元の方々への配慮を徹底し、起こりうるすべての可能性を予測したうえで行動を決めるべきでした。
今回の件でクライミング界全体のイメージを悪くしてしまったことが残念でなりません。このような過ちを二度と犯さぬよう真摯に反省し、今後は心を入れ替えて精進してまいります。
このたびは本当に申し訳ございませんでした。

                              大西良治   佐藤祐介   宮城公博




謝罪文の最後に『今後は心を入れ替えて精進してまいります。』との言葉を信じて再出発することを願ってます。そしてクライミングシーンだけでなくアクセス問題にも積極的に関わってほしいと願っています。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ