プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
24日(月)はTO隊長と長屋坂の整備をした。

隊長は「ストライクバック」と「99」の整備をされた。


私は「カウント・ダウン 5.12a」を、私にとって非常に思い入れのあるルートなので整備の最初に選んだ。

当初8本だったプロテクションは取り付きの岩塔が無くなり9本になっている。

今回初めて伸び率が6%未満のスタティックロープを使って作業をしたが非常にユマーリングが楽だった。
ただし伸び率がダイナミックロープの1/5しかないので落ちれないぶん神経を使った。


私の今(毎)回の作業の手順を紹介します。

取り合えずルートにロープをフィックスしなければいけません。

フィックスする準備としてロープの両端と真ん中にエイトノットで結び目を作ります。

真ん中の結び目に作業道具と資材と飲み水を入れたバケツを環付ビナでセットします。

2012.9.23~30備中滞在 021
↑JFAから提供された資材の一部です。

バケツには、マキタ充電式ハンマードリル、φ12㎜とφ6㎜のドリルビット、エアーポンプ、ラウンドブラシ、φ19φ17のラチェットレンチ、グリッププライヤー、モンキーレンチ、チスタガネ、平タガネ、ハンマー、FIXEグルーアンカーステンレス(ルートのプロテクション数)、HILTIステンレス寸切り全ネジ10㎜2本、旭化成MUケミカル2本、FIXEラッペルステーションが入っている。約15kgかな…。

次に私の出で立ちを紹介します。

上着はTシャツに長袖ジャンパー、下は使い古した足首までのクライミングパンツ、靴は履きふるしたアプローチシューズ、頭には防塵ガード付ヘルメット、手には作業用手袋です。


ハーネスのギヤラックにはプロテクション数+ヌンチャク2、フィフィ、スカイフック、エイリアン、キャメ#0.75~#2、ナッツ一式、スリング2本、ATC、カラビナ2、環付ビナ2、防塵マスク以上ですがルートにより若干変わります。

ビレイループには左手用アッセンダーにアブミと滑車を付けたデイジーチェーン、両方環付ビナのヌンチャク、グリグリを付けます。
では登り始めます、ロープの片方をギヤラックのヌンチャクに掛けておきます。

もう片方はチョンボ棒を使ってプリクリップします。そしてユマーリングで登り環付ヌンチャクで自己確保します。もう片方をやはりチョンボ棒を使ってプリクリップします。
これを繰り返して終了点まで登ります。

二ヶ所から自己確保をして道具バケツの荷揚げをします。

終了点にフィックスロープをセットし、いよいよ作業開始です。

片方のロープに私がぶら下がりもう片方にバケツをぶら下げます。
この時ロープのプロテクションは別々にします。

2012.9.23~30備中滞在 070
↑「吹屋の娘 5.12c」の上部での作業風景です。


作業の初めは新な終了点の設置です。
2012.9.23~30備中滞在 022
↑「カウントダウン 5.12a」の既存の終了点の片方です。

HILTIの10㎜ステンレス寸切り全ネジを旭化成MUアンカーで固着させます。

未だラッペルステーションは取り付けません。

終了点からグリグリで下降しながら順に既存のプロテクションを抜いてFIXEグルーアンカーステンレスを埋め込む穴を開けます。

この時如何にプロテクションの前に身体をもってくるか苦労します。

2012.9.23~30備中滞在 032
↑「カウントダウン 5.12a」の核心の棚の上のボルトを抜いたところです。

出来るだけ無理な体勢を避けるためにスカイフック、エイリアン、キャメ、ナッツを駆使します。
ただホールドやスタンスを破壊しないように集中してセットします。

身体の体勢の良し悪しが施工の仕上がり状態に諸に現れますのでええ加減な妥協は許されません。

全てのプロテクションの穴開けが終ると暫く休憩します。

軽い食事と水分を充分摂ります。

ここから仕上げ作業です。


一旦バケツを空にします。
そして仕上げ用の道具としてディスペンサーにHILTI接着系アンカーRE500をセットしたもの。溶剤を塗る用のヘラ、雑巾、ビニール袋、φ10㎜ナット2個、ワッシャ2個、スプリングワッシャ2個、φ19φ17のラチェットレンチ、モンキーレンチです。
重量は5~8㎏くらいかな。

作業はユマーリングしながら下から順にグルーアンカーをケミカル溶剤を注入しヘラで綺麗に仕上げます。
2012.9.23~30備中滞在 035
↑「カウントダウン 5.12a」の核心の棚の上のボルト穴にRE-500を注入しているところです。
ここは傾斜が130度ほどあり溶剤が流れ出るのを防ぐためテープで穴を塞ぎ隙間からノズルを入れ注入します。

終了点に来ると新な終了点となるFIXEラッペルステーションを取り付け自己確保を新な終了点に移し替えます。
そして古い終了点を撤去して新しい終了点から懸垂下降で降りロープを抜けば全ての作業は終了です。
2012.9.23~30備中滞在 037
↑「カウントダウン 5.12a」の新しい終了点です。

この間約6~7時間です。

メモ
二種類の接着系アンカーの硬化時間ですが、
終了点に使用した
旭化成MUアンカーは外気温20℃で30分。

プロテクションに使用した
HILTI RE500は外気温20℃で約12時間です。


その後28日29日30日と作業しました。

今回の滞在で6ルートを整備しました。

さて来年は何処を整備するのかな。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ