プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
003_20121116190614.jpg


おとうさん、おかあさん、あなたたちのことを、こう、呼ばせてください。



あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、


わたしは地上におりる決心をしました。


きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。


汚れない世界から地上におりるのは、勇気がいります。


地上での生活に不安をおぼえ、途中で引き返した友もいます。


夫婦の契りに不安をおぼえ、引き返した友もいます。


拒絶され、泣く泣く帰ってきた友もいます。

あなたのあたたかいふところに抱かれ、今、

わたしは幸せを感じています。
←詩の一部


この詩を読んだときに記事にしようと思いました。

そして詩をキーボードで打ち込む途中に果たして記事にしてよいものだろうか、大きなお世話ではないのだろうか、との思いが湧き何度も手が止まった。

しかし、あとがきの最後に書かれている『自分はどこから生まれてきたのか、なぜ生まれてきたのか、どうしてここにいるのか、見つめ直す一助になれば、うれしくおもいます。』の言葉に記事にする決心をしました。

私の子供時代は貧乏と病弱な父のために暗い家庭だった。そして出自を恨んだ時もあった。しかし社会に出て初めてその考えの誤りに気づいた。

今は産んでくれたことを感謝している。

できれば両親に謝罪と感謝の想いを伝えたいが、生きていれば恥ずかしくて言えないだろう。

おとうさん、


わたしを受け入れた日のことを、あなたはもう思い出せないでしようか?


いたわり合い、求め合い、


結び合った日のことを。


永遠に続くと思われるほどの愛の強さで、


わたしをいざなった日のことを。


あなたがフッと予感した日のことを。


そうです、あの日、


わたしがあなたを選びました。


おかあさん、


わたしを知った日のことをおぼえていますか?


あなたは戸惑いました。


あなたは不安に襲われました。


そしてあなたは、わたしを受け入れてくださいました。


あなたの一瞬の心のうつろいを、わたしはよ―くおぼえています。

つわりのつらさの中でわたしに思いをむけて、自らを励ましたことを、


わたしをうとましく思い、もういらないとつぶやいたことを、


わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを、


わたしはよ―くおぼえています。




おかあさん、


あなたとわたしはひとつです。




あなたが笑い喜ぶときに、わたしは幸せに満たされます。


あなたが怒り悲しむときに、わたしは不安に襲われます。


あなたが憩いくつろぐときに、わたしは眠りに誘われます。


あなたの思いはわたしの思い、あなたとわたしは、ひとつです。


おかあさん、


わたしのためのあなたの努力を、わたしは決して忘れません。


お酒をやめ、タバコを避け、好きなコーヒーも減らしましたね。


たくさん食べたい誘惑と、本当によく闘いましたね。


わたしのために散歩をし、地上のすばらしさを教えてくれましたね。


すべての努力はわたしのため。あなたを誇りに思います。





おかあさん、


あなたの期待の大きさに、ちょっぴり不安を感じます。


初めての日に、わたしはどのように迎えられるのでしょうか?


わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?


わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?


わたしの性格にあなたはため息をつくでしょうか?


わたしのすべては、神様とあなたたちからのプレゼント。


わたしはこころよく受け入れました。


きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。


おかあさん、


あなたにまみえる日はまもなくです。


その日を思うと、わたしは喜びに満たされます。


わたしといっしょに、お産をしましょう。


わたしがあなたを励まします。


あなたの意思で回ります。


あなたのイメージでおりてきます。


わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。




おとうさん、


あなたに抱かれる日はまもなくです。


その日を思うと、わたしの胸は高鳴ります。

わたしたちといっしょに、


お産をしましょう。


あなたのやさしい声が、


わたしたちに安らぎを与えてくれます。


あなたの力強い声が、

わたしたちに力を与えてくれます。


あなたのあたたかいまなざしが、


わたしたちに励ましを与えてくれます。


わたしたちはあなたをこよなく愛し、


信頼しています。




おとうさん、おかあさん、


あなたたちのことを、こう、呼ばせてください。




あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、


わたしは地上におりる決心をしました。


きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。


おとうさん、おかあさん、


今、わたしは思っています。


わたしの選びは正しかった、と。




わたしがあなたたちを選びました。

タグ : 続き

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ