プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
昨日コウモリ谷「カンテ 5.12c」に残置されていたヌンチャクとスリングを回収しました。

回収したヌンチャクとスリングは纏めてルートの取り付きに置いています。

コウモリ谷に於いて以前よりヌンチャクやスリングがよく残置されています。

私も残置されたヌンチャクやスリングを使って度々登っていましたし今も登ることがあります。

昨日何故残置されたヌンチャクとスリングを回収したのかというと
一番の理由は残置の仕方が悪くフォールなどで衝撃加重がかかった場合カラビナが破断する恐れがあると判断したからです。

その残置の仕方ですがFIXEグルーイングアンカーのヌンチャクを掛ける穴にヌンチャクと60センチスリングを付けたカラビナがセットされていました。
006_20121203193653.jpg
↑↑
家で再現したものです。

この状態で衝撃加重がかかればどちらのカラビナにも2方向から一点に力が加わり破断する恐れがあります。
005_20121203193751.jpg

もう一ヶ所はヌンチャク回収用に残置されたカラビナにヌンチャクが直接掛けられていました。
004_20121203193813.jpg
↑↑
家で再現しました。

回収用に残置されたカラビナは残置された時点で新品だったのかお古だったのか、お古の場合そのカラビナがどのように使用されてきたのか全く不明です。
そのような経歴不明なカラビナに命をかけるのは愚かとしかいいようがありません。

二番目は残置ヌンチャクやスリングは他のクライマーに対してクライミングスタイルを強要しているからです。
スポートクライミングに於いて最高のクライミングスタイルはマスターオンサイトです。
もしマスターオンサイトしようと目論んでいたルートにヌンチャクや長いスリングが掛かっていたらどうでしょう。又出直さなければなりません。


以前大阪の男性クライマーがマスターオンサイトを狙ってコウモリ谷に来たのですが狙っていたルートにヌンチャクが掛かっていたため帰って行かれました。私は当時クライミング知識が乏しくその方の厳しい姿勢に呆気にとられました。

私も近頃はマスターオンサイトトライを第一にオンサイト、マスターフラッシュ、フラッシュ、マスターレッドポイント、レッドポイントと出来るだけ良いスタイルでのクライミングを目指しています。

と言うことで
今後は長いスリングを掛ける掛けないは自由ですが登り終れば回収して欲しいと思います。
そしてヌンチャクも長く残置するのも控えて欲しいと思っています。
ジムではともかく外岩に於いては厳しいクライミングを追求されてはと思っています、ただし無茶や無理をやれということではありませんので誤解のないようにお願いします。

クライミングは冒険的要素の強いスポーツです、それを怖いからといって安全に安全に優しく優しくなどと言っているから◯国や◯国に舐められてしまうのです。←あっ!関係無いか。


それから「ロンググリーン 5.11c」の上部にも長いスリングが掛かっていますが15日に回収します。
それからもう一点ティックマークも付けるのは自由ですが終れば必ず消して下されば有難いです。
宜しくお願いします。
コメント

全くその通りです。
長くクライミングしてると、岩場が自分の所有物みたいに感じてしまうんでしょう

ONSさん≫
コメントありがとうございます。
所有物で思い出したのですが、備中のあるエリアのあるルートにヌンチャクが残置されていたのをある方が回収された。
その後またまたヌンチャクが残置されていてそのヌンチャクに『触るな』と書かれた紙が貼られていたそうです。
信じられない本当にあった話です。

これは考えてなかった・・

一つのハンガーに二本のカラビナ。
考えれば当然なんだけれど、岩とカラビナの干渉と同じなんですね。
実は私も昨日やってしまいました。
ワンマンショウに長時間トップロープをかけている人がいた時、ルートが空いたので小熊をマスターでトライ。
下部3ピンはハンガーに二枚掛けでした。
当然カラビナ双方の力の加わり方など確認せずにトライしていました。
以後、注意しなければ。(;_;)

アンパンマンさん≫
お久しぶりです。
ついうっかりと言うのはよくやることです。私も偉そうなことは言えません。

あそこは狭いスラブに2本のルートが引かれていて支点は共用なのでよく見かけます、理想はスラブの左端に新たに支点を設置すればいいのでしょうが反対意見が多く設置に至ってはいません。
今後も協議していけばよいと思っています。
それよりも長時間のトップロープは問題ですねぇ~その場合スラブの3本は外すのがマナーだと思うのですが。

そうですよね・・

一つのルートは皆のルートのはずなのに、一度とりついたら私のもの・・
なんてクライマーが多いのは問題だと思っています。
先に取り付いたら勝ちとでも思っているのでしょうか?
マナーはいろいろあり難しいのですが、ルートに関しては、『皆が平等に、楽しく』を考えたらそれだけで解決できそうな気がするのですが・・

日本だけではない。

アンパンマンさん≫
先に取り付いたら勝ちという考えを持っているのは日本だけではありません。
昨年タイへ行ったときトンサイの7a+(5.12a)のルートを登ろうと思ったが外人の女(白人)三人に一足違いで先に取り付かれた、そこで俺も登りたいと言ったら(←あらみちゃんが言ってくれた)その女どもが『私たち2回ずつ登るからおっちゃんはその後ね(おっさんは登れんやろうと馬鹿にした態度で)』って言われた。

腹が立ったけど英語で言い返せないので我慢して待つことにした。

そして私が彼女らの前でRPしたらビックリして次の日から態度が変わり向こうから笑顔で『ハァ~イ!』ときよった。
というようなことがありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ