プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
高梁川流域クライミング交流会(TCNet)に寄せられたお願いと鳥取県名和CCのブログに掲載された落石についてお知らせします。

お願いは《用瀬小屋の利用についてです》
用瀬小屋を頻繁に使わせて頂き感謝しています。そこでちょっとお願いします。
冬場割合と皆さん鍋物をされますので卓上ガスコンロを共用に買い置きしましたが2013・1・12日久しぶりに行きますと行方不明でした。たぶん別用で持ち出されておられると思いますが、また返却をお願いいたします。
もう一つ、トイレが詰まったまま放置されていました。次次と使用し酷くされたのでしょうか。小屋外の枯れ枝で突き落とし流しました。このトイレは構造上詰まる事もあるでしょうが、その際は掃除用ブラシなどで押さず、外の枝など棒を使って突き落とすのが良いと思います。最初に対処していたら楽です。お願いいたします。
もう一つ、冬場はストーブが使えないと辛いです。灯油の備蓄が少なくなったと気付かれましたら、後の使用者の為に地域局へ一言依頼を入れませんか。
みんなが気持よく小屋を使わせて頂くために生意気を承知で投稿いたします。


次に《落石注意》です。
ニューエリは風が強く寒かったです、岩の状態は良かったです。
しかし、落石が頻発しました。左側の傾斜の少ない壁では上部から落石がありました。落下点は壁の取り付きから1mの地点まで落ちました。yoneが「2度目の春」を登っていた時には頭上正面から10cm以上の落石が前兆音とともにアプローチ道の上に落ちました。
それと、新エリア?には、かなり大きく、ヘルメットを被っていても、当たったらただでは済まない大きさの落石が落ちました。落石が懸念される日には、新エリアで登るのは止めた方が良いと思いました。今日は、休憩でもヘルメットを被ってラーメンを食べましたです・・・。


この冬の寒さに私は用瀬小屋を利用していません。
用瀬小屋はクライマーのために行政が建ててくれた日本唯一の建物だと思います。
この様にクライマーにとって恵まれた環境は多分ここだけだと思います。
そして有志の方々により色んな備品が備えられています。
上記の投稿の様な事が起こったことに非常に驚くと共に残念でなりません。

日本の諺を二つ紹介します。

一、旅の恥はかき捨て
二、立つ鳥跡を濁さず

この相反する二つの諺、どうか用瀬小屋だけに限らず何処へ行っても《立つ鳥跡を濁さず》の気持ちを心掛けてほしいと願います。

そして《落石注意》ですが、春先は非常に落石が多いです。
備中の岩場に於いて特に2ルンゼとニューエリアは落石が頻発します。
この時期ヘルメットの着用をお勧めします。
コメント

個人的には 因果応報 ですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ