プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
「がんばれ!」

2011年3月11日、あの東日本大震災が起こりました。阪神・淡路大震災で母を失い、自分も被災した私は、

メディアを通して見るあまりの惨状に心を痛め、この2つの大きな震災、阪神大震災以降の自分の16年間、

そして「がんばれ」という言葉について考える時間をすごしていました。

 東日本大震災以降、私は何度か、
 
  「被災された方々に“がんばれ!”という言葉をかけるのは、よくない事ですか?」

という質問を受けました。

私は、一概に「がんばれ」は良いか、悪いかは言えないと思いますし、「がんばれ」という言葉自体に罪はなく、

それ自体そのたった4文字に計り知れない思い、愛情、友情、希望等が込められていることも多くあり、

素晴らしい言葉だと思います。心を込めて言葉を発し、自分の思いの全てが「言霊」として宿った「がんばれ」

を口にすることができれば良いなと思いますし、「がんばれ」以外にも何かその時の自分の気持ちに沿った

言葉を持つ事ができればもっともっと素敵だと思います。

そして、思い出す「がんばれ」は私にもあります。16年前、阪神・淡路大震災で母を失い、数週間経って

初めて会社に出社した日、友人と廊下ですれ違いかけた時、彼は私をみとめ困った表情を浮かべました。

それは、私にどんな言葉をかけるべきか戸惑っている表情でした。私も、私の側からどう声をかけたら

よいのかもわからない。お互い無言のまますれ違いかけた瞬間、

彼は大きな声で、

  「がんばれよ!」

と振り絞るように言葉を放ちました。そのたった5文字には、彼の心配、友情、色々な思いがつまっているのを

感じとることができました。

職場に戻るとまた別の友人が席にやってきて、無言でお菓子を差し出し去っていきました。

彼が置いていったお菓子は、驚いた事に封が開いた食べかけのお菓子でした。

でも、彼は久しぶりに出社した私、元気のない私を見て、何かせずにはおれなかったのでしょう。

たとえそれが、食べかけのお菓子だったとしても。驚きはしたものの、私は彼の気持ちを嬉しく思いました。

それぞれの「がんばれ」、様々な「がんばれ」、きっと多くの人に力を与えている事の方が多いのでは

ないかと思います。また、そうであって欲しいと強く願います。


「心をつなぐ言葉」(子どもたちへのメッセージより)

コメント

深くてHOTな記事(*^^*)  フィールドは違うけど、私もよく闘病してる方にどう声をかけようかずっと迷って結局言えずってことを続けてました。
そこで見つけたのが「頑張らなくてもいい。でも負けないで。」って言葉。矛盾してるかなって思うけど・・・(*_*)

めーちゃん≫
「頑張らなくてもいい。でも負けないで。」決して矛盾しているとは思わない。
私が30代後半に交通事故で4ヶ月ほど入院した時、看護師さんの話しかけに何度も癒された。
めーちゃん「がんばれ!」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ