FC2ブログ

「涙が出るほどいい話」

前日の挨拶に関連する記事がありましたので紹介します。


あの日のレゲエおじさん

東京都足立区 佐口絹英(36歳)

最寄り駅まで自転車で通っていた、高校生のときの出来事です。
ある朝、いつもの場所に自転車を止めると、そこから十メートルほど離れた高架下に住んでいたホームレスの人(当時”レゲエおじさん“とよんでいた)が、右手をあげて「おおっー!」と声をだしました。
私は反射的に「おはようございます!」と大声でさけんでしまった。が、つぎの瞬間、けげんな表情のレゲエおじさんを見て、
(しまった!ただ、あくびでもしただけだったんだ。だいたい、見知らぬ私にあいさつなんてするわけないのに。あーっ、恥ずかしい!)
と、顔を真っ赤にして下をむき、そそくさとその場を離れて駅にむかいました。

その日は、夕方からいきなりの大雨。傘をさしてもびしょびしょになるほどで、駅からやっとの思いで自転車のおいてある場所にもどりました。
すると「あれ?」

そこには、大きなむしろで覆われ、この大雨からしっかりと守られている私の自転車の姿がありました。

私は人目で(あっ、今朝のおじさんがかけておいてくれたんだ!)とわかりました。

むしろは、おじさんにとってはお布団のようなもの。雨に濡れたら困るのにと思うと、なんだか胸が熱くなりました。
勘違いから生まれた、たったひと言のあいさつで、こんな温かいつながりをもてるなんてと感動しながら、降りしきる雨もなんのその、自転車を飛ばして帰ったことを思い出します。

あれから20年、誰とでもあいさつをする習慣は、5歳の息子にも受け継がれています。人とのつながりのはじまりはあいさつにあると、強く教えてくれた出来事でした。




あいさつ、簡単なようでも、時、場所、相手によって非常にしにくい場合があります。そして勇気がいる場合もあります。

自戒を込めて気持ち良いあいさつを心がけたいと思ってます。

2014.01.24 | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-