プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日年休を取って『御着の岩場』と『駒形岩』でプロテクション1本づつのリボルトをして来た。
御着リボルト 001
19日(日)に御着の岩場の終了点のリボルトを行った時、「十五の春 5.11a」という15mボルト3本のルートを登りました、その時核心に打たれていた2ピン目のボルトが半分以上埋め込まれていなかったのを、時間切れで気になりながら家路についた、しかし毎日放っておいて良いのか?と自問自答の毎日だった。

たまたま今日は半休して駒形岩の「ボトムライン 5.12a」の2ピン目のリボルトをする予定だったのを年休にして御着も行う事にした。

しっかしリボルト機材は1本でも100本でも同じ。
御着リボルト 002
重!

「十五の春 11a」
御着リボルト 003
黒矢印が1ピン目、赤矢印が問題の2ピン目、緑矢印は3ピン目、、水色矢印は終了点。

さて問題の2ピン目の写真です。
御着リボルト 004

御着リボルト 005

御着リボルト 006
19日は登りながら手で締めたのですがビクともしませんでした。

ひょっとしてレンチなら締め込めるかな?と思いやってみました。
御着リボルト 007
全くビクともしませんでした。

ならばとボルトを外しました。
御着リボルト 010
ん?吃驚仰天なにか詰まってるやないか。

それに信じられんことに
御着リボルト 012
ボルトの山の3つ分しか捻じ込まれていませんでした。

アンカー部分に詰まったものを掻き出そうと思い
御着リボルト 014
ドリルビットで突いてみたが固くて駄目。

そして埋め込まれているアンカーを抜いて更に吃驚仰天。
御着リボルト 027
左が抜いたアンカーで右は新品です。

緑色の矢印が何を意味しているのか?
カットアンカーは拡張することによって抜けないようになるのですが写真のように全く拡張していません。

カットアンカーはお尻にクサビが埋め込まれて拡張するようになっています。
御着リボルト 029
左が抜いたカットアンカーで右は新品です。
左はクサビがありません。

開拓時はどうだったのか知る由もありませんが

私は今日リボルトしながら驚くのを通り越して非常に怒りが湧いてきました。
それはFIXEハンガーを取り付ける時点でボルトが充分に捻じ込めないことが分かっていたはずです。

このプロテクションを設置したのはクライマーだと思いますが、これで良し!とした心境が如何なるものだったのか全く理解出来ません。

そしてKINetから提供していただいたFIXEケミカルボルトをHILTI RE500で施工しました。
御着リボルト 016

御着リボルト 019
緑矢印がリボルトした2ピン目です。

御着での作業は約1時間半程で終え、一路『駒形岩』へ移動。

約60km1時間半程のドライブでエボコマ到着。

声のする烏帽子岩に行くと思わぬ方が居られた。
御着リボルト 024
S山さんだった。まさか?顔を見るなり私は泣いてしまった。

心を落ち着けもう一つのリボルトをFさんの手助けとS山さんが見守る中施工。
御着リボルト 020
ここもKINetから提供していただいたPETZLコリノックスをHILTI HY150MAXで施工しました。

ここの「ボトムライン 5.12a」だが1ピン目はFIXEケミカルボルトで施工されているが2ピン目、3ピン目は
御着リボルト 023
錆びたリングボルト、しかも一本は伸びて楕円になってるし、このプロテクションにフォールは出来ません。

帰りに今日エボコマに来られていた皆さんが居られる大北商店へ
御着リボルト 026
私は車で一杯飲めないので挨拶だけして早々に引き揚げました。

御着の1本あのまま放っておけば私はこの先ずっと気にしていただろうし、もし事故があれば一生後悔する羽目になったと思う。

今日は肩の荷が降ろせたのとお元気に快復されたS山さんに思いがけずにお目にかかれ良い一日だった。

今日のリボルトで私の今年のリボルトはお終い!

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ