プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
JFA(日本フリークライミング協会)が、クライミングを楽しむすべての方へ

クライミング中の安全を守るために、
クライミングのフィールドを守るために、
ぜひ、この冊子をご覧ください。


上記の文章はJFAが発行している安全BOOK3の1ページに書かれています。
2014102523354566a.jpg
この冊子の中からクライミングにおけるOwn Risk(オウンリスク=自己責任)の原則についてJFAの考え方につい
て数回に別けて紹介します。

《自己責任が原則です》
クライミングは危険を伴うスポーツです。例え原則やルールを守っていても、時として最悪の結果を招くことがあります。行動の結果が予測できない人や、予測できても自分には受け入れられないと考える人は、クライミングをすべきではありません。同様に、完全な安全を求める人も、クライミングをすべきではありません。ロープは正しく結んであるか、プロテクションは適切にとれているか、あるいは、もしホールドが欠けたら何が起こるのか、ここで落ちると何が起こるのか、など自分自身による確認と予測をすることが重要です。危険認識または予測能力が欠けているクライマーは、その能力のある人に比べて、より重大な損害を被る傾向と、事故後に他のクライマー(ビレイヤー)または関係者とより深刻なトラブルを巻き起こす傾向があります。アクシデントによって起こりうる事態を、自分が受け入れるかどうかの判断も常に必要とされます。事故例を見れば明らかですが、クライミングに完全な安全はありません。大変厳しい言葉ですが、クライミングは“その危険を了承したものだけがおこなえる”スポーツです。



次回は《岩場は危険》を紹介します。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ