プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《ボルトなどの残置支点》

岩場に設置されているボルトや終了点、その時点での強度や信頼性については誰も保証していません。
使用可否の判断はすべて、それを使用しようとする1人1人のクライマーが行うものです。
日本フリークライミング協会では、ボルト打ち替え事業などをおこなっていますが、これらは、クライマー自身が安全確保をする際のサポートをするものです。また、協会によるボルト打ち替え事業では、高い強度を持つ製品を
使用し、製造者によって指定された方法にできるだけ従って施工されていますが、100%の安全を保証するものではありません。
ボルトが抜けた、折れた、といった支点や終了点の崩壊事例は、件数は少ないのですが発生しています。
残置する人、使う人の双方が気をつけ、
すべての残置支点は必ず使用前にチェックすることが最重要です。
日本フリークライミング協会会報freefan別冊 安全BOOK3より抜粋しました。


私は2005年11月の小赤壁リボルトが最初のリボルトでした。以降今年までにリボルトしたボルトの本数は多分500本を越えていると思う。
その中には、よくこれで今まで折れたり抜けたりしなかったものだと思えるものもあった。

岩場を開拓するにあたってボルトや終了点の資材に何を使おうと開拓者の裁量に任せられています。

ここで《自己責任が原則です》に書かれている文章を思い出して下さい。

『完全な安全を求める人も、クライミングをすべきではありません』

私が何故リボルトを熱心にやるのか、ある事故を切っ掛けに色々起こりうる事故原因で人為的に防げると判断したからです。
しかしリボルトしたからといって100%完全に安全が保証される事はないとのジレンマも感じています。

私にとってクライミングの魅力の一つに100%安全が保証されないのがあります。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ