プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《ルートの選択》

安全マージンを考えて、取り付くべきだと考えます。
実力のある者にとっては何の問題もないルートや課題でも、実力の低いものにとっては危険なことが多々あります。また低グレードのルートは、よりレベルの高いクライマーによってボルトなどが設置されている場合が少なくありません。
1本目および2本目など、ルート下部のクリップができないことは、致命的な事故につながる可能性があります。
グレードだけでなく、自分の目でそのルートは安全に取り付けるかを確認をすべきです。
また、ナチュラルプロテクションを使用する場合は、その知識と技術も必須です。
自身の能力とリスクを常に天秤にかけ、より安全なスタイルを選択することが最重要です。
また自分の能力以上のクライミングは、時に際どい賭けになることも忘れてはいけません。
落石やロングフォールの可能性のある岩場では、ヘルメットを使用することも重要です。
ルートの難度を指標するグレードは、同じシステムを使っていても、実際には個人差、地域差、ルートの性質、ジム毎の差があり、大きくずれているケースもあるので、数字だけに惑わされてはいけません。


*日本フリークライミング協会会報freefan別冊 安全BOOK3より抜粋しました。

上記の最後に、グレードは個人差、地域差,ルートの性質、ジム毎の差があり、大きくずれているケースもあるので、数字だけに惑わされてはいけません。とありますが、もう二点、〈岩質の差〉と〈得手不得手〉を付け加えてもよいと思います。
グレードの付け方ですが、これといった決まりは無いと思います。
この事は、私も曖昧なので割愛します。
あちこち遠征に行って一番感じるのがグレードの数字です。
私は今でこそ備中、帝釈に通っていますが、未だ11が満足に登れない頃に2ルンゼに初めて行ったとき、日本100岩場のトポに一番易しい「ハニワの涙 5.8」があったので登ろうと思ってルートを見た瞬間、これは違う、5.8では無いと止めました。今は「ハニワの涙 5.11a」に改定されています。

あるエリアのウォームアップルートになっている5.10-のルートを登った時のこと、グレード以上に悪いと聞いていたので心して取り付いた。2ピン目にクリップして【助かった!】と心底思った。

ルートを見る目大事です。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ