プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《登っている人が優先》

先に登っている人(今取り付いている人)に優先権があります。
ルートでもボルダーでも、岩場でもジムでも、ビレイやスポットであっても、下にいる人は登っているクライマーに注意すべきです。登っている人に、下への注意を求めることは現実的ではありません。
例えクライマーが落ちたり、何かを落として下にいる自分に激突しても、クライマーにその責任を求めることできません(登っている人が何をしてもいいという訳ではありません)。

クライマーは通常、登ることで手一杯ですので、登っていない人がより多くの注意を払うべきです。
また、下の安全確保のためにそれを一つ一つ確認することは、本来クライマーの役目ではありません(もちろん下に危険を通知することができれば、するべきです)。下にいる人は、落石や落下物を予測して自分の居場所や行動を決めるべきです。また、ジムなどでは、ボルダー、リード(グランドフォールやロングフォール)ともにクライマーの落下線上に入らないように気をつける必要があります。また、初心者や子どもはヘルメットの着用を強く推奨します。


*日本フリークライミング協会会報freefan別冊 安全BOOK 3より抜粋しました。


上記のような状況は特に週末が雨のジムでよく見受けられる。
それと私がコソトレ行くGRでキッズスクールの子ども達がよく下に入って来たり先に登っている私のラインに入り来んでくる。
スタッフが気付けば注意してくれる。
子ども達は夢中になると回りが見えなくなるのだろうが(大人でもいます)、その都度私は優しく『登っている人の下に入ったら危ない!向こ行け!』と注意する。

それから岩場での居場所だが、帝釈の花子岩は未だに至るところから落石がある。
あの岩場では初心者や子どもだけでなくベテランの方達もヘルメットの着用を強く推奨します。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ