プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《ビレイヤーへ》

ビレイミスは重大な事故へつながるため、ギア、ポジションなど最善を尽くすべきです。
近年では「スポーツルート用」を謳うビレイデバイスも見受けられます。この場合、UIAA(国際山岳連盟)の基準では支点強度が25KN以上を保証されているルートでの使用を前提としています。
実際には、これに当てはまらないルートが多く存在すると考えられます。
クラックや、支点強度が25KN以下のルートに取り付く際には、適切なビレイデバイスの選択が必要です。
またビレイデバイスの種類によりフォール時の最終支点への衝撃が大きく異なると言う報告もあります。
状況によっては、ベストなビレイを行っても事故が発生します。ビレイヤーのみならず、クライマーもそのことを受け入れる必要があります。ルート下部でのクライマーのフォールは、ロープをロックしても流しても、事故につながる場合があります。
ビレイは信頼できる相手にしてもらうものであり、基本的にルートはパートナーと行くものです。
技量の分からない人、知らない人にビレイを頼むことは、時に重大な事故につながることがあります。


*日本フリークライミング協会会報freefan別冊 安全BOOK3より抜粋しました。

【たかがビレイされどビレイ】です。
以前知り合いの方にビレイをお願いして『よろしくお願いします。』と言ったら、その人が『はい!止めます!』と返してきました、以後その人に私の限界ルートのビレイをお願いすることは止めました。

ビレイはクライミング同様に非常に奥が深いとつくづく思い知らされています。

ビレイの上手い下手はどのように判断するのか、高グレードを登れる人は上手い!のか?
私が信頼できるビレイヤーは、まずクライマーから目を離さない人です。
私も初心者から少し慣れて来たときによくよそ見をしてクライマーから『どこ見とんや!』と叱責されました。
今はクライマーがフォールやテンションし自己確保した時によそ見をしてます。

今まで多くの方にビレイをしてもらいましたが、『上手い!』と感動した人が一人います。
仕事の都合で東方面に行ってしまったがルートの形状応じて流したりロックしたりと安心して限界ルートに撃ち込めた記憶があります。

こう言う事もありました、知り合って間なしの人がビレイしますと言うのでしてもらった時のこと、限界グレードだったのでよくフォールしたのだが、ピタッと止めたり、えっ!?止まるんか?と思うほど流されたりした。
後で分かったのだが、ビレイの練習をしていたとのこと。
それならそうと前以て言って欲しかった。

それからビレイ中の人に話しかける人がいます、これはビレイヤーの注意力を散漫にし兼ねないので止めましょう。

【たかがビレイされどビレイ】です。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ