プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《ボルダー》

手軽に始めやすいことと、危険が少ないことはイコールではありません。着地の失敗による捻挫や骨折は多数く報告されています。マットの上に着地した場合でも同様の事故が発生しています。
また、着地ミスのみならず、高い位置からの飛び降りによる脊椎の骨折や、腰部の損傷が多く報告されています。
飛び降りることは最小限に控え、できる限り、安定した着地に備える必要があります。


《スポッター》

ボルダラーとの意思の疎通が不十分だと、自分が押しつぶされて、怪我をしたりするケースがあります。
また、クラッシュパッドを不用意に移動したことが原因で大事故になったケースもあります。
特に体重差のある場合や高さのある課題の場合は、スポッターの方がより危険になります。
ビレイヤーの役目がクライマーの墜落を止めることであるのに対して、スポッターの役目はあくまでも、自分を守りながらボルダラーの着地を補助することです。従って、ボルダラーはスポッターに対し、過度の期待や安全の保証を求めるべきではありません。もしどうしても自分の安全の保証が必要なら、トップロープなどの他のスタイルを選択すべきです。


NPO法人日本フリークライミング協会会報 freefa別冊安全BOOK3より抜粋しました。

上記の記事と全く関連がないのですが、以前北山公園に行ったときにショーギエリアでの光景に唖然としたことがあります。それは「ショーギノーマル 1級」の課題の取り付きにクラッシュパッドを数枚重ねてトライしていたのです。私も数度トライしたことがありますが、【百万人のスタンス】と呼ばれている出だしのスタンスに立ち込めなくて諦めた経験があります(正確には立ち込めたが次に進めなかった)。
クラッシュパッドを数枚重ねて登っても、それはリードクライミングでクイックドローを掴んだりするのと同じエイド(人工)クライミングになると思います。
リードにしろボルダーにしろ正々堂々トライしましょう。←自戒を込めて

ボルダリングに関しては【安全BOOK 3】の31ページから【技術】【安全】【ルール】【マナー】が詳しく書かれていますので是非参考にして下さい。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ