FC2ブログ

硫黄鳥島

今日、真保裕一氏の「震源」を読み終わった。
4062633582.09._SCMZZZZZZZ_[1].jpg

内容は気象庁気象研究所主任研究官でクライマーでもある主人公が元同僚の消息を探すうちに内閣情報調査室が日本で暗躍する諜報員の焙り出し作戦に利用されるというもので、その文中に『島の周囲は、ほとんどが岩崖によって覆われていた。フリークライミングを趣味とする者なら、涎を垂らして喜びそうな、いかにもよじ登り甲斐のある壁がぐるりと取り巻いていた。火山性の堆積物が、長年の波による浸食作用を受けて、削り取られてたものだろう。』との箇所を読んで俄然興味が沸きネットで早速調べた。この島は硫黄鳥島(いおうとりしま)と言って南西諸島の島。行政区画は沖縄県島尻郡久米島町。日本の気象庁により火山活動度ランクCの活火山とされている島で、火山名として沖縄鳥島と呼ばれたこともある。沖縄県の最北端となる無人島である。
240px-Iwo-torishima_mlit1978[1].jpg

硫黄鳥島紀行という伊仙町のHPが島の岩崖の様子が良く出ていて面白い。それに海岸のいたるところに温泉が湧き出ているのもいい。
一ヶ月間程水と食料を運び込んでルート開拓がてら温泉三昧などもいいのはと考えた。退職後に行って見ようかなぁ~

2007.11.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 閑人閑話

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々

月別アーカイブ

ブログ内検索

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

警告

「フリークライミング」は本質的に危険をともなう行為です。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。 すべて責任はクライミングをおこなう、あなた自分自身が負うものです。このコンテンツを見て岩場でクライミングを行い、事故が起きても、このページの作者は一切その責任を負いません。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-