プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
《クライミング・ジム》

クライミング・ジムは決して100%安全なものではなく、そこにはジム固有の危険が潜んでいます。
危険を伴うスポーツをすることを認識し、了承した人だけに利用させている、というのが多くのクライミング施設です。それぞれの施設で定められた利用方法を守るとともに、特に次の点への注意が必要です。

1 ホールドやパネルの欠損や回転。

2 ボルダーエリアでのマットの端や、隙間への着地。

3 他の利用者との接触。


特に他の利用者との接触には注意が必要です。ジム内での下手なグランドフォールは下にいる人を巻き込んでの惨事に発展する可能性があります。ジムには経験豊富なベテランから、はじめたばかりのビギナーまで、さまざまなクライマーが集まりますので、それぞれに危険に対する認識にも大きな差があります。また利用上の諸条件は各施設によって異なりますが、ジムであっても岩場と同じクライミングの危険も存在していることも忘れずに。


NPO法人日本フリークライミング協会会報freefan別冊安全BOOK3より抜粋しました。


クライミングの魅力の1つに落ちる恐怖があると私は思っています。
リードクライミングにしろボルダリングにしろ多くの人がより難しい課題に挑戦していると思います。
自分の技術の限界に挑戦するのですから落ちることが前提になります。
その落ちる落ち方にも技術がいります。落ちるのが上手い人と下手な人とでは進歩にある程度差が生じてくると私は思っています。また落ちるのが上手い人は下手な人に比べて怪我をする確率が少ないと思います。
ただ落ち方の上手い人も下手なビレイヤーやスポッターと組んだ場合怪我をする確率は大きくなり、落ち方の下手な人でも上手いビレイヤーやスポッターと組めば怪我をする確率は低くなると思います。
このようにクライミングは非常に奥の深いスポーツです。そして常に危険と隣り合わせです。

最後に行動の結果が予測できない人や、予測できても自分には受け入れられないと考える人はクライミングをすべきではありません。同様に、完全な安全を求める人も、クライミングをすべきではありません。
クライミングは“その危険を了承したものだけがおこなえる”スポーツです。

2014102523354566a.jpg
この【安全BOOK】はNPO法人日本フリークライミング協会(JFA)が無料で配布しています。
JFAはクライマーの安全とフィールドを守るために真剣に活動しています。
その活動資金は年会費(3,000円)や企業、個人の寄付等で拠出しています。
しかしまだまだ会員数が少ないのが現状です。
JFAの活動に賛同していただける方は是非入会していただきますようお願いいたします。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ