プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
昨日今日の2日間コウモリ谷左岸の整備をした。

コウモリ谷左岸ですが昨年末頃に地主さんより登攀の許しが下りました。

これは長年生活の全てをコウモリ谷のために尽くされたU氏の想像を絶する努力の賜物だと私は思っています。

許可が下りたことにより昨年末にU氏との話し合いで私が整備をさせてもらう事になり年初めの4日から毎週末行っています。

昨日今日は《川原エリア》の各ルートへの懸垂下降点の特定に費やしました。
蝙蝠谷対岸整備① 004
写真は「まろにえの陽光」の取り付きから見上げたものです。

私の整備用の装備です。
蝙蝠谷対岸整備① 001
古い雨具と足にはスパッツと膝パッドを装着しています。

この膝パットをしていないと壁の掃除のときに膝が直に壁に中り痛くて長時間作業出来ません。

それと不意の落石からも膝を守ってくれます。

この井出達で壁の最上部に上がり各ルートの終了点への懸垂下降点の特定と浮石の処理をします。

蝙蝠谷対岸整備① 012
大よその見当つけて懸垂下降点を構築します。

古いロープとシャックルで作ります。

そして
蝙蝠谷対岸整備① 008
下が全く見えない藪の中を下りて行きます。

下り方は懸垂下降です。
蝙蝠谷対岸整備① 013
ATCの上にプールジック専用スリングでバックアップを必ずとります。

そして
蝙蝠谷対岸整備① 011
ロープの末端は必ずオーバーノットで処理します、スッポ抜けを防ぐため絶対に忘れてはいけません。

藪の中を抜けたら
蝙蝠谷対岸整備① 009
現在登られている右岸(正面壁)が一望できました。ええ眺めです。

そしてルートの終了点が特定出来れば
蝙蝠谷対岸整備① 015
赤いビニール紐で目印をします。これをしとかないと次回に全く分からなくなります。

昨日今日で《川原エリア》の懸垂下降点の特定が出来ました。

最後に特定したのは「真実の口 5.11-」です。
蝙蝠谷対岸整備① 017
「真実の口」の終了点が見えています。蔦が半端無く繁っています。

下りながらついでに掃除を
蝙蝠谷対岸整備① 020
「真実の口」の終了点です。

アイボルトにシャックル開拓当時はこれがベストだったでしょうが現在では全く信頼出来ません。

蔦を剥がして行くと
蝙蝠谷対岸整備① 021
「真実の口」が現れました。さてトポによると『真実の口をあなたはうまく使えるか。』とあります。

「真実の口」を使えるまでもう少しお待ち下さい。

そして今日は力強い助っ人が
蝙蝠谷対岸整備① 022
タカちゃんとTさんです。蔦の始末や道具の後片付けなど大いに助かりました。

そしてそしてもう一つ強~い助っ人が
蝙蝠谷対岸整備① 023
マキタ充電式ブロワです。

ちょっと訳ありで450円で買いました。ブラシで落とした土や苔など吹き飛ばしてくれます。

次週も整備します。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ