プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
先週18日(土)19日(日)の2日間で小豆島《吉田の岩場》の整備をしてきました。

天気予報で土曜日晴れで日曜日は曇りから雨とのことだったが楽観的予測で決行することにした。

姫路港から小豆島福田港への始発便に乗船
20150421101032a98.jpg
今回のメンバーは
20150421101226ca8.jpg
お馴染みあらみちゃんと超久し振りの隠密N師匠

船内で整備に使用する資材の点検を
20150421101525bb7.jpg
今回はケミカル溶剤ではなく、拡張式のグージョンボルトで施工しました。

吉田の岩場は花崗岩なのでグージョンでも大丈夫、ただより信頼性を増すため終了点用として上の写真の拡張部分が2ヶ所ある特殊なグージョンを使いました。

尚、今回の整備に使用した資材はNPO法人 日本フリークライミング協会から無償提供していただきました。

20150421102755433.jpg
約100分の船旅

見えて来ました
20150421103214e92.jpg
赤丸が《吉田の岩場》、青丸は《千畳岳》

そして
20150421103214fc0.jpg
赤丸で囲まれた岩場は《小豆島仁寿峰》です。

福田港から吉田の岩場までは車で約10分程ですが、車は吉田温泉のあるオートビレッジに止めて歩いて行きます。
ビレッジから岩場取り付きまでは約7~8分です。

早速整備開始!
2015042110414096a.jpg
今や《吉田の岩場》の主?的存在の師匠のリードで整備用Fix張りを

今回3人の役割分担はあらみちゃんが必要資材や道具類の準備、隠密N師匠がFix張り、そして私がリボルトを行いましたが、3人の呼吸が見事に合い絶妙なトリオでした。

吉田の岩場は年々訪れるクライマーが減っています、それは傾斜の緩いスラブが人気の無い一因もありますが、一番の原因は、酷いプロテクションと終了点にあると思われます。
201504211052046c5.jpg
上のプロテクションですが使っている資材はクライミング用の信頼度の高いものなのですが、施工法が悪く折角の資材が全く活かされていません。

開けた穴の径が大きいため抜け出て来たので壁とハンガーの間に鉄のナットを入れて〆込んだと思われますが、この時点で打ち込まれたグージョン自体が回ってました。

写真のプロテクションの資材はFIXEのステンレスハンガーとステンレスグージョンなんですが、開けた穴の径が大きかっため抜け出て来たと思われます。

グージョンボルトで施工する場合はグージョンボルトと同じ径の穴を開けます。
グージョン径が10mmなら開ける穴の径も10mmのドリルビットで開けます。

これを施工された方は私の想像ですが、今までオールアンカーの施工をしていて初めてグージョンボルト施工をしたと思われます。

オールアンカーの場合は例えば10mm径のアンカーに対して開ける穴の径は10.2mmというように少し大きく開けます。 要注意です。

201504211052080a1.jpg
上の写真は鉄のオールアンカーと手製ハンガーの組合せでした。

上記の2ヶ所は新たに打ち変えしました。

そして終了点ですが
20150421105206340.jpg
FIXE製カラビナ付ラッペルステーション(RS)ステンレスを使っているのは非常に良いのですが、ボルトが鉄のオールアンカーで施工されていました。

RS を外して見たら案の定ガルバニックコロージョン(異種金属接触腐食)を起こしていました。
ボルトをステンレスグージョンに打ち変え移設しました。

順調に作業が進みお待ちかねの昼飯を
20150421111317d81.jpg
私は福田港名物《あなご弁当》900円を

昼飯を喰って休む間もなく整備を
201504211130275d2.jpg
翌日の空模様が不安定なので日が沈むまで頑張りました。
20150421113348d1e.jpg
二人の頑張り、特に師匠の頑張りは特記ものでした。
お陰でよ~働かされました。

この日の収穫
20150421113346a64.jpg
何とも噂に違わぬ酷さでした。

この日の整備完了終了点11箇所。

宿はJFA会員特典が受けられる《千種旅館》に
20150421113349eaa.jpg
天然鯛の刺身が美味い!

ビールも旨し
201504211133518c7.jpg
ちょっとお疲れ気味?


翌日朝から雨が、がテレビのデーター放送では昼間は曇りとのこと、ならば整備やるで!
20150421114328cd0.jpg
朝飯をしっかり喰って雨の中《吉田の岩場》へ

師匠獅子奮迅の活躍中
20150421114329c99.jpg
落ちんといてよ~。

予報通り雨も上がった

この日の整備は《海鳴ロック》《夕暮ロック》《ミサゴロック》を

最後に行った《ミサゴロック》の終了点の酷さには唖然としました。

その写真を
2015042111532276e.jpg

2015042111532123c.jpg

2015042112530620d.jpg
これでは恐ろしくて登れません。

上記の終了点を全て
20150421115323765.jpg
FIXE製ステンレスラッペルステーションに新たに打ち変えしました。

今回整備しましたラッペルステーションにはカラビナを残置していません。なので最後は結び変えでロワーダウンかラッペルで降りて下さい。
ここの岩場の特徴としては最後が非常に傾斜が緩くなっていますのでラッペルで降りるのがロープを痛めなくて良いと思います。その場合は必ずロープの末端の処理と両端が下に届いている事を確認してから行って下さい。
そしてくれぐれもセルフを確実に取ってから結び変えを行って下さい。

《ミサゴロック》からの眺望です。
201504211203126b3.jpg
あらみちゃん曰く『ここ(吉田の岩場)落ち着くわ~』

15時前に終了
20150421120312baf.jpg
タイマー撮影でピンボケ

この日の収穫
20150421120315a38.jpg
整備完了終了点10箇所

2日間で21箇所の終了点の整備が出来ました。
これはこの岩場に精通した師匠が居ればこその結果です。
又あらみちゃんは資材や道具類の準備と整備の記録と大活躍でした。

15時半全て終了し《吉田温泉》で汗を流し17時15分発のフェリーで姫路港へ
201504211203165c0.jpg
姫路港に19時前に着岸、雨の中家路につきました。

今回も無事故で終えることが出来たのが一番の成果でしょうか。

翌日隠密N師匠から電話が『あ~残りの整備やけど5月30日(土)31日(日)なら空いとるから行けるで、どない?』

私『熟考します。』

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ