プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今年2回目のNPO法人 日本フリークライミング協会公認リボルト職人検定講習会が群馬県有笠山で行われたので
行って来ました。

木曜日の夜三宮を高速バスに乗って出発し翌金曜日7時過ぎに昭島駅に着いた。
moblog_74c00de6.jpg
ここでD助さんにピックアップしてもらい一路有笠山を目指して都内から高速道路を走ったが、何処をどう走っているのか皆目分からなかった。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 002
高速道のPAで睡眠不足のD助さんと運転を交代
ナビに導かれるまま車を走らせる
リボルト職人検定講習会《有笠山》 003
約3時間程で沢渡温泉に到着

目の前にボコッとした山が
リボルト職人検定講習会《有笠山》 004
《有笠山》でした。

まずは今回ベースとなる《山水荘もりや》さんへご挨拶を
リボルト職人検定講習会《有笠山》 005

講習会のエリアは《南国エリア》とのことで有笠山東登山口林道突き当たりまで車を入れ、手前の広い所に駐車し講習で使う道具や資材の一部を歩荷した。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 007

私は有笠山は初めて、D助さんも《東登山口》は初めて、目印は《有笠東石門》という自然のアーチ
リボルト職人検定講習会《有笠山》 009
K山氏編集の《日本100岩場》のトポの概念図によると《南国エリア》は石門の左横になっていた。

着いたー!近いなぁ~♪

が、トポの壁の形状と実際の壁の形状が余りにも懸け離れている。
2人であーでもないこーでもないと言いながら取り敢えず昼飯を喰った。

腹を満たし元気を回復したその足でそこらじゅうを徘徊しまくった結果『みぃーっけ!』
リボルト職人検定講習会《有笠山》 010
K山氏編集《日本100岩場》のアプローチ図は信用してはいけません。

取り敢えず明日のためにFIX張ろうとD助さん5.10dをMOSトライ
リボルト職人検定講習会《有笠山》 011
2月の小豆島以来のクライミングにも関わらず見事MOS(5.10dで見事とは2人して情けない)

私も久し振りのリードを
リボルト職人検定講習会《有笠山》 012
見事FL!このルート面白かったです。

気分良くして下山
《山水荘もりや》さんの食堂半端ではないです。凄い!懐かしい!とーちゃん!かあちゃん!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 019
中に入って唖然…!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 017
おおーっ!フランキー堺やんか!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 024
そして
リボルト職人検定講習会《有笠山》 021
とか
リボルト職人検定講習会《有笠山》 022
現在では通用しない商品名かも?

そうそう晩飯です。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 023
天ぷら、山芋、鰤の照り焼きそしてうどんが出ました。美味かったです。


この夜はD助さん19時半撃沈、私はD助さんの鼾を子守唄にし20時撃沈。

翌朝も快晴!
この日は肉体労働なので朝飯をしっかり
リボルト職人検定講習会《有笠山》 025
完食!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 026

今回の受講者は4人
リボルト職人検定講習会《有笠山》 029
取り付きにてD助講師から注意事項等を

その後終了点に使用するラッペルステーションの取り付け実習を
リボルト職人検定講習会《有笠山》 032
受講者4人のうち経験者は1人だけ

D助さんと私はユマーリング経験の乏し2人にマンツーマン指導を

この日は終了点取り付けのための全ネジ施工だけで終わった。

夜は晩飯もそこそこに
リボルト職人検定講習会《有笠山》 034
ビールは1人コップ一杯だけ
そして
リボルト職人検定講習会《有笠山》 035
座学を約2時間。

翌日曜日も快晴!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 037
桃の木でしょうか?一本の木から白とピンクの花が

朝飯もしっかり
リボルト職人検定講習会《有笠山》 036

作業開始前に注意事項等の伝達をリーダーを決め話してもらった。

あとD助講師から終了予定時間16時に終わらせるために作業打ち切り時間の見極めの大切さの話のあと早速作業開始!
リボルト職人検定講習会《有笠山》 038
前日の作業状態から私は1人にマンツーマン指導を

他の3人は1人で作業させ下からD助講師が見回りを
リボルト職人検定講習会《有笠山》 043

リボルト職人検定講習会《有笠山》 044

リボルト職人検定講習会《有笠山》 045

私は1人の受講者と終了点の取り付けと3本の中間支点のリボルトを

昼から見るからに酷い終了点3ヶ所のリボルトをした。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 046

リボルト職人検定講習会《有笠山》 047

リボルト職人検定講習会《有笠山》 048
私は初めてこの終了点に使われている資材を見たが10mmカットアンカーに8mm全ネジをねじ込みハンガーは本来何に使われるものなのか不明。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 041
赤い矢印が埋め込まれた10mmカットアンカー、青い矢印は8mm全ネジ。
酷いと聞いていたがここまで酷いとは

上記の酷い終了点3ヶ所全て
リボルト職人検定講習会《有笠山》 049
FIXE製ステンレスラッペルステーションに打ち変えました。

私の仕事は終了予定の16時に終わり一足先に下山し荷作りを、17時頃には荷作りを終え皆の下山を待っていたが
待てど暮らせど下りて来ない。

痺れを切らして様子を見に行きかけたら下りて来た。
約2時間の予定オーバーだがやり掛けた作業を途中で終わらせることは出来ないので仕方ない。

昭島駅22時33分発の高速バスに間に合うか微妙な時間だったので挨拶もそこそこに有笠山を出発。
高速道が予想外に空いていて昭島駅にバスの発車1時間前に着いたのでお風呂へ
moblog_f52c9bc5.jpg
岩屑で汚れた身体を綺麗にさっぱりし高速バスに乗り込んだ。

途中何度も目を覚ましたが今朝無事に神戸へ
リボルト職人検定講習会《有笠山》 053
今日は家でゆっくりという訳には行かず後片付け、洗濯、買い物等々大忙しでした。

今回有笠山で使ったケミカルボルトです。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 006
写真の一番上は通常のケミカルボルトで真中と一番下のは有笠山用に特注したケミカルボルトです。
有笠山の壁は表面は硬いですが中は柔らかくドリルビットが入るに従って白い岩屑では無く茶色い土のようなものがボロボロ出て来ました。
リボルト職人検定講習会《有笠山》 042
ブラシとエアーだけでは綺麗にならないので水を注入して掃除しました。
私は各地でリボルトをして来ましたが有笠山ほど柔らかい壁は初めてでした。

有笠山のリボルトもほんの一部でしかありません。そして日本でリボルトを必要とするエリアは無数にあります。
そのため1人でも多くのJFA公認リボルト職人が求められています。

職人養成の講習会ですが、5月は九州でJFA公認リボルト職人検定講習会があります。

秋に関東地区でもう一度講習会を開く予定でいます。

リボルト職人養成のため皆さまのご理解とご協力をお願いします。

ご協力の方法としてNPO法人 日本フリークライミング協会へ入会していただくことがあります。

年会費3,000円です。宜しく願いします。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ