プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
三連休の初日は大きな橋と中位の橋とちぃちゃい橋を渡って行って来ました。

大きな橋
IMG_0001_20160322145802039.jpg
全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋である明石海峡大橋。

中位の橋
IMG_0002_201603221458039d7.jpg
橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3mの大鳴門橋。

ちぃちゃい橋
IMG_0007_20160322145804076.jpg
橋長は大凡8m、特徴は片方が段違いになっている名のない橋。

神戸から約3時間半で我生まれ故郷の隣町?村?山里?の斗賀野へ

前日の雨で全てのエリアがベチョベチョ、ならばちょこっと整備を
IMG_0009_20160322151219984.jpg
終了点のロープの付け替えと浮石の撤去を

今年になってクライマー返上して【岩場のことならなんでも屋】になってしまった感がある。

愛媛からしいちゃんが若者を連れて来た。
IMG_0010_201603221512209ca.jpg
W君、少し乾きかけたルートに果敢にトライ!5.9だがこの状態では10後半は有ったと思う。MOS!

昼飯は途中の直産店であれこれ購入したものを
IMG_0008_20160322151218412.jpg


昼を過ぎて『首切地蔵エリア』へ
IMG_0005_20160322151953d8c.jpg
朝見た時は白糸の滝状態だったが、一日中日差しがあり驚くほど乾いていた。

W君、名無しの11dにトライ!が、各所のホールドやスタンスが濡れていてMOSならず。

W君ボルダーなら二段を登る強者なのだが条件が悪過ぎ4便出すもRPならずでした。

私は本領発揮し、エリア内の雑草や蔦、雑木の始末を、すっかり綺麗にし後は
IMG_0014_20160322151222f94.jpg
マメモックでW君の登りをシッカリ観察。今度MFLしたろ。

※斗賀野での駐車に付いて
IMG_0015_201603221512233f2.jpg
以前は写真の赤四角川沿いに止めていましたが、林道奥のリサイクルセンターへの出入りで大型車両が通るようになりましたので写真のように山沿いに止めるようにして下さい。宜しくお願いします。


翌日曜日は大栃の岩場へ
IMG_0026_20160322153903ab4.jpg
この日は久し振りに終日クライマーに

アップは「酔鯨 5.10c」
IMG_0024_20160322154046706.jpg
このルート何度登っても10cは辛過ぎと思う。10dで良い。

アップ後は目標でもあり宿題の「婆紗羅 5.12c」を
IMG_0022_20160322153858584.jpg
RPに近いあらみちゃんのタメにヌン掛けを、そして本気トライで2便出したが3ピンから4ピンへのトラバース体勢に持って行けない私。【岩場のことならなんでも屋】に専念したろうかなぁ…と内心ボヤく。
で3~4ピン間をパスして4~5そして終了点のムーヴをやったらマグレか奇跡か出来た!ワンフィンガーポケットを取ってムーヴで終了点に到達出来た。気分良く2日目を終了した。

RPに近いあらみちゃんだが、4ピンへのクリップ後のムーヴが解決出来ずフォールを繰り返す、見かねて少し助言をしたらドンピシャ!大正解で全てのムーヴを解決してこの日は終了、後は繋げるだけ。

この日の昼飯は
IMG_0017_201603221538574ef.jpg
直産店やコンビニおかばやしで仕入れた数々。

※要注意!
クライミングシューズからサンダルに履き替えようとしてサンダルの中を見たら『おっ!カメムシの子供か?』と思ったら
IMG_0025_201603221539013e2.jpg
違いました【マダニ】でした。くわばらくわばら。石で姿無きまで擦り潰しました。

この日は貸し切り?
IMG_0023_201603221539007d8.jpg
イヤ飛師が会いに来てくれました。5年?6年?振りかな?

高知県のクライミング事情などの話しを少し

あっ!お土産ありがとお!


最終日も大栃
IMG_0030.jpg
この日はしいちゃんがM君を連れて遊び?に来ました。

ボルダーなら四段を登るM君、久し振りのルートは「酔鯨 5.10c」
IMG_0031.jpg
軽~く?MOS!

続いて「Fの課題 5.11d」を1便出し、「婆紗羅 5.12c」をFの課題はラインが分かり難くテンションしながらだったが、婆紗羅は流石は四段を登る強者と思わせる登りを披露。テンションやフォールはしたものの1便目で終了点へ、2便目は下部で足を滑らせ痛恨のフォールで宿題に。

セレブしいちゃんは
IMG_0033.jpg
「酔鯨 5.10c」に2便だけ。

お土産ありがとおおお!!!

この日の圧巻はあらみちゃんの婆紗羅
IMG_0034.jpg
置きたいスタンスが濡れていて要らぬ力を使う。

IMG_0038.jpg
左手ギャストンで保持し右手クロスでクリップ。これを難なくやるあらみちゃん。←私の助言から(笑)。私は一度だけギャストンしたがクリップするなんてトンでもなく出来ません(泣)。

IMG_0043.jpg
左手甘めのピンチから振りを使って右手ワンフィンガーポケットを取るあらみちゃんは成功率9割。←私の助言から(笑)。私は一度だけ成功(大泣)。

最終日「婆紗羅 5.12c」に4便出したあらみちゃん、3便目に4ピンクリップ後のガバ取りでフォールするもワンテンに、4便目4ピンクリップ後のガバも取った、後はワンフィンガーポケットを取るだけ、ビレイしながら行きよったなぁ~と見上げていたら、身体が充分伸び切っていないまま右手を出した、内心『早い!』と思う間も無くフォールしワンテンに、そして又々宿題に。
私はフォールした瞬間『惜しい!』と思った反面『又来れる』とも思った(苦笑)。

次回は秋かな?それまでクライマーに戻れるやろか?

※要注意②
大栃でリボルト前の終了点とボルトの調査もしました。
その結果の詳細は後日記事にする予定ですが、「酔鯨 5.10c」のボルトがちょっと気になったので紹介します。

「酔鯨 5.10c」には8本ボルトが打たれていますが、4と5ピンは10mmクロームグージョンにFIXEステンレスハンガーで施工されていました。
IMG_0021_20160322171051dd4.jpg
赤矢印は金属系アンカーウェッジ式で我々はグージョンボルトと呼んでいます。材質は鉄です。頭にDの刻印がありますがボルトの長さを表しています(メーカーが分かりませんので不明ですが70mm位かな?)
青矢印はFIXEのステンレスハンガーで強度は35kNです。
強度的には全く問題無いのですが、ガルバニックコロージョン(異種金属接触腐食)でいずれ錆が進行しますのでリボルトしましょうかねぇ~。
問題は下の写真のボルトです。
IMG_0027_20160322162740865.jpg
ステンレスのカットアンカーにステンレスのハンガーで施工されていますが、問題はボルトの径にあります。
8mmのカットアンカーが使われていました。8mm径のカットアンカーは埋め込み長さが短いのでスッポ抜けるおそれがあります。
IMG_0028.jpg
施工自体は問題ありませんが、ハンガーが開拓当時(1994年)よく使われていたステンレスハンガーで、PETZLやFIXEのハンガーと比べれば厚みが薄く、度重なるフォールでL字に曲げられた部分が伸びてしまいます。
伸びるとヌンチャクを掛け難くなりますので要リボルトですね。
IMG_0029_20160322162742e03.jpg
アンカーは錆びていませんでしたがアンカー自体が多分30mmと短いので石灰岩には不向きです。

登れた登れないは別にして三連休無事故で終えれたことに感謝しています。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ