プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
5月3日(火)8:00出発
この日の朝食
IMG_7000.jpg
有り合わせの食材を女性陣があれこれ工夫してくれます。美味しく戴きました。

岩場に行く前にちょっと気になっていたオブジェ?でしばし遊ぶ
IMG_7004.jpg

IMG_7009.jpg
横にこのオブジェ?の作者や意味らしきものが書かれた銘板があったがチンプンカンプン???でした。

このオブジェ?から回りを見てみると
IMG_7011.jpg
地平線が見えます。日本で地平線が見えるのは北海道くらいでしょう。日本の20倍の面積を持つオーストラリアはデカイ!

この日は雨予報だったので少々の雨でも登れる【Pharos Front Wall】へ
やはりJさんお勧め三段ハングを越えていくシングルルートの「Halfway Damned★19(5.10a)44m」に取り付いた。
IMG_0072.jpg
懸垂下降するあらみちゃん。
一段目はハングも小さく簡単だった、二段目はハングも大きくルーフ状になっていてハングの上は鏡餅を積み重ねたような壁でこれといったホールドが無い。ルーフのアンダーを持って短足を目一杯に突っ張ってハングの上をじっくり見たらチョークが一杯付いた四角いポケットが2つあった。一つにはなんとか届くが、フィンガーには大きくフィストには小さい。ここで落ちたら下のスラブに叩き付けられるのでハングの抜け口にエイリアン黄色を効めた。
しかしエイリアンが外れたらとの恐怖で突っ込む勇気が出ない。
でテンション。エイリアンはガッチリ効いていたがやはり突っ込めない。
二度テンションしたところでJさんが左側面を回り込んだら簡単ですよというので試したら簡単やった。
しかしやはりハングを真っ直ぐ乗り越えて行きたかった。ボルトルートなら間違いなく突っ込んで行ったが慣れないNPでは仕方がないと思う反面己の意気地無さをちょっと呪いました。

そうこうしていたら雨が降って来たのでキャンプ場へ引き返した。

キャンプ場で昼飯を喰っていたら雨が強くなった、近くのクライマーの一団がシェルターに入れと言ってくれ椅子まで用意してくれた。ホンマ皆優しい。

午後からどうしょうかと相談の結果「Kachoong★★★21(5.10d)25m」を見に行くことにした。

この「Kachoong★★★21(5.10d)25m」は世界一被った(ルーフ)5.10dとして有名でMt.Arapilesのトポにルーフで足ぶらでぶら下がっている写真がメッチャ格好ええ!
車で岩場の上部まで行きそこから歩いて約7、8分で「Kachoong★★★21(5.10d)25m」の見えるところに行ける。
IMG_7013.jpg
この林道の先にアンテナの基地がありそこの右辺りの踏み跡を辿って行けば
IMG_7017.jpg
見下ろす感じ

Jさんは岩場の上をひょいひょいと歩き回るがチョトでも足を滑らせば奈落の底へ直行
IMG_7015.jpg
もっとええポイントがあるというので行くことに
IMG_7019.jpg
こんなところやちょっと危なかっしいところを行くと
IMG_7022.jpg
皆の視線の先に
IMG_7024.jpg
右カンテの左に走る細いクラックからルーフを越えて行くというライン。今回登りたい!と思っていたが見るだけでした。

ここからも雄大な景色が
IMG_7026.jpg
Mitre Lake(マイター湖で塩湖です)

そして
IMG_7030.jpg
 Mt.Arapilesのsummitで記念撮影をし引き返した。

その引き返す途中に
IMG_7035.jpg
親子のカンガルーが、全く動く気配が無く首を振ったり傾げたりと可愛かったです。

これを見たタカちゃんのテンションが急上昇
IMG_7040.jpg

IMG_7045.jpg
キャンプ場横の茂みでカンガルーを追い掛け回していました。私はそのタカちゃんを追い掛け回していました。

この日は早目にベースに帰り
IMG_7046.jpg
女性陣の晩飯の用意を横目に日記を

この日の晩飯
IMG_7047.jpg


前回同様見ただけになった「Kachoong★★★21(5.10d)25m」次行く機会があれば絶対に登りたい!と思いながら速攻で爆睡。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ