プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日コウモリ谷でリボルト作業をしてきました。

ルートは対岸【子年のエリア】の「見たかうえやま 5.12a  B3  5m」と正面壁【震災エリア】の「カンテ 5.12c  B10 25m」です。

「カンテ」のリボルトは最後のボルトの1本だけでした。

IMG_0001_2016051921113802a.jpg
資材のうちFIXEケミカルボルトとHILTIグージョンとFIXEハンガーは関西岩場環境整備ネット(KINet)から無償提供していただきました。

ステンレスチェーンとステンレスリングキャッチは昨日の水曜コウモリ谷クライミングの有志の方からのカンパと常連さんお二人からのカンパで購入しました。(大きいリングキャッチは私の手持ち分)

HILTIのRE500は4月に行ったリボルトの余りを使用しました。

IMG_0002_2016051921114035a.jpg
この岩は高さが5m程なのだが写真のように非常に被っている。ここに「見たかうえやま 5.12a」というルートがあった、開拓当初は今ほどボルダリングが広まっていなかったのでこの高さにでもボルトを打ってルートにしたと推測される。

昨年の整備時に私はこの岩はボルダーであるとの考えからリボルトをしなかった。整備が終わって暫くしてコウモリ谷の開拓に携わった方からリボルトして欲しいと依頼された。その後色々話をして思い入れの強さが半端では無いと感じたのでリボルトすることにした。

IMG_0011_20160519212611505.jpg
今日のリボルトで1ピン目を40cm程上げたのと赤丸のところにビレイ用のボルトを打ち足した。
最後はトップアウトして終了することにした。岩の上にケミカルボルトを2本設置しているのでトップロープやロワーダウンする場合は懸垂支点を各自構築して下さい。昔岩の上でバランスを崩し落ちたクライマーが居たので確保用に3mのステンレスチェンを設置しました。

正面壁【震災エリア】の「カンテ」だが、最後の1本だけリボルトされずに残っていた。
このルートをリボルトした方に撤去しても良いかと聞いたところ力尽きた時に登れなくなるので駄目といわれた。なら古い錆びきったボルトなのでリボルトすることにした。
IMG_0005_20160519211142a7e.jpg
↑↑リボルト前

↓↓リボルト後
IMG_0007_20160519212609592.jpg
これで見苦しくなくなりました。

余談を少し
上の2枚の写真でおやっ?と思われた方はいますか?

おやっ?の正体はリボルト後のボルト付近が濡れていることです。

JFAでは以前からリボルト時の穴の掃除に水を使うことを奨励してきました。
IMG_0004_20160519211141f56.jpg
従来はブラシで岩屑を掻き出しエアーポンプで吹き出していましたが中々綺麗になりませんでした。
で、水を注入することにより飛躍的に岩屑の除去が出来るようになりました。
ケミカル溶剤を販売しているHILTI社も水洗いを推奨しています。
ただし水洗い出来るのは、私の知る限りHILTI社のRE500だけで、旭化成のケミカルセッターには使えませんので充分注意して下さい。

「見たかうえやま」は20日(金)の午後から登れます。

「カンテ」は21日(土)から登れます。

ご不便をお掛けしますがご協力とご理解宜しくお願いいたします。

今日のリボルトも怪我無く無事に終わリ風呂に入って身体を綺麗にしようと背中から腰の辺りを洗っていたら、左腰辺りに違和感があったので触ってみたら硬いイボのようなものがあった。

女房や息子に見てもらったら変な色のカサブタみたいというのでひょっとしたらと思い写真に撮ってもらった。
それがこれ!
IMG_0014_20160519212613ed8.jpg
やっぱりマダニが確り喰い込んでましたわ。明日朝一に皮膚科で採ってもらいます。
マダニ感染症が心配や

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ