FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:岩場整備
FIXE社製終了点の「応力腐食割れ」の記事がJFAのFBに投稿されています。

FIXE.jpg

記事は⇒UIAA

記事は「応力腐食割れ」というステンレス合金などで発生する、経年、環境要因(塩害、酸性雨など)、引っ張り荷重/衝撃荷重などによって発生する微細な「亀裂」をともなう腐食によるFIXE製の終了点チェーンの破断事例のことが書いてあります。

応力腐食割れについては十数年前よりJFAでも認識しており、おもに海岸沿いの岩場の(頻繁に衝撃荷重のかかる)中間ボルトで発生するものと考えていましたが(※そのために現在のリボルト事業を進めています)、今回のUIAAの事例報告の記事は静荷重中心の終了点でそれが発生したために少し驚いております(記事では溶接部分がとくに弱いとあり、また、破断は写真にあるV字型のチェーンアンカーで起きやすいと言っています←※設置角度が悪かったのではないかとJFAのリボルト担当は推察)。

ただ考えてみれば、同じステンレス剛なので、中間ボルトであろうが終了点であろうが、素材としての応力腐食割れは起きうるわけで、今後は交換したすべての支点類をより注意深く経過観察する必要があると感じております。

一般のクライマーの皆さまにおかれましても、リボルトされた支点類であっても過信はせずに、使用時には注意していただきたいと思います(※残置支点だけでトップロープしたりせず、バックアップを必ずとり、ロワーダウン時は必ず点検をし、支点に負担をかけないように工夫するなど)。

なお、JFAでは今年からさらに腐食に強い「HCR-PLX」という新しい最高グレードのステンレス剛に使用資材を切り替えていっておりますが、これがこれまでのステンレス剛(SUS304/316)などに比べかなり高価なためなかなか購入・交換がままならないので、皆様からのご支援をいただきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

※西日本方面でこれらの終了点を使用しているのは少ないと思いますが、神戸市北区の烏帽子岩にV字型のチェーンアンカーが設置されている可能性があります。
ステンレス=錆びない=安全との認識になりがちですがステンレスも長年の雨や雪により錆が発生します。
又施工状態により一ヶ所に荷重が集中することもあります。この様な場合経年劣化による破断も有り得ます。
少しでも不安を感じたら躊躇せずバックアップを取りましょう。

copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ