FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
1994年に長野県松本市で起きた松本サリン事件の第一通報者で、当初容疑者扱いされた
河野義行さんの奥様澄子さんが亡くなられた。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

この事件はオウム真理教が松本支部の立ち退きを周辺住民が求めていた裁判におけるオウム真理教側の敗訴の公算が高まったことがある。オウム真理教の教祖松本智津夫は、この状況を打開するために、同教団信者である村井秀夫・新実智光・端本悟・中村昇・中川智正・富田隆・遠藤誠一等に、裁判を担当する判事の殺害を指示した。これを受け、同信者等は長野地方裁判所松本支部官舎に隣接する住宅街にサリンを散布したというものであった。

又この事件は、警察のずさんな捜査や、一方的な取調べ、さらにそれら警察の発表を踏まえた偏見的な報道により、無実の人間が公然と半ば犯人として扱われてしまった冤罪事件・報道被害事件としても知られている。

その後警察や各報道機関は河野さんに謝罪したが、週刊新潮は未だに謝罪していない。

事件発生から14年余り意識不明で寝たきりの妻の枕元で、「言葉はきっと届いている。妻の記憶に、空白をつくりたくないから。」との思いで声を掛け続けてこられたそうだ。
そしてその行為が心の支えになったといわれる河野さん。
国家権力から理不尽な扱いを受け、全マスコミからも犯人と報道された。
並みの人では耐え切れないだろうと思う。その蔭に妻澄子さんの存在があったと初めて知った。
その心の支えだった澄子さんを失った悲しは如何ばかりかと思う。

絶対有ってはならない冤罪や報道被害だがこれからも起こり得るだろう。

資料として、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』と神戸新聞夕刊から引用しました。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ