FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:
先日図書館に行き、今話題の新田次郎氏の『点の記』はあるかなぁ~と思いつつ書棚を見たら無かった。当然か。
仕方なく何か面白い本は…と見ていたら深田久彌氏の『山岳遍歴』なる本があったので借りて読んだ。
sangakuhenreki1[1]
この本は約40年ほど前に書かれているが今読んでもさほど時代の隔たりを感じなかった。
ただ山のゴミに関して今の山で行なえば犯罪になるようなことを当時では良い行いとなっているのに時代の違いを感じた。
それは<ジュースの空きカン>とい項目で
実際、山の空きカンには困ったものである。外国のある山の雑誌にこんな話が出ていた。ある登山家はいつも小さなシャベルを持って歩く。それで地面に穴を掘って、自分の出したクズ物を埋めるというのである。こんな心がけがもっとわが国に普及しなければ、登山の隆盛も何もあったもでない。

今は自分のゴミは持って帰るのが常識なっている。
それからもう一点面白い箇所があった。
スイスにマルセル・クルツという山岳誌の研究家がいる。その人の書いた『世界登山記録年代』によると、富士山の初登頂は633年になっていて、世界最初の登山とされている。そしてそのレコードは、1522年ポポカテペトル山が登られるまで、破られなかった。つまり約900年のあいだ、富士山は世界の最高登頂記録を保持していたわけである。
この後に日本人が如何に大昔から山と関ってきたかを実例を挙げて書かれている。
中々面白いですよ。

私は深田久彌氏を登山家だと思っていたがこの本で作家だったと知った。
そして氏は私生活に於いては中々な人生を送っていたようだ。

氏は1971年に甲州芽ヶ岳登山中に脳出血のため亡くなれている。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ