FC2ブログ

プロフィール

マメオ

Author:マメオ
Mr ビーンズことマメオです。
1951年1月3日生 ♂
出生地:高知県内
現住所:神戸市内
家族:女房一人、息子二人、嫁二人、孫四人、その他昆虫、爬虫類等多数
趣味:クライミング、家の掃除など
収入:少々


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


DATE: CATEGORY:未分類
今日もコウモリ谷でプロテクションの整備を行なった。
昨夜からの雨が朝方止んだけれども、いつ降り出してもおかしくない空模様に、今日コウモリ谷へ行く予定だったメンバーから早朝に中止の連絡が来た。
今日の作業は主にアルミハンガーをステンレスハンガーに交換することだったし、コウモリ谷の壁は少々の雨なら濡れや垂れも無いし、強く降って作業が出来なくなれば『太陽と緑の道』のパトロールに変更することにし出かけた。

駐車場に着いて、さあ!出かけようとしたら雨が強く降り出したが直ぐに小降りになり岩場に着いた頃には雨も上がり空も明るくなってきた。

最初にアップでよく登られている「もういいでしょう 5.9」の終了点とハンガーの交換をすることにした。
P1040196m.jpg
昨日同様にHILTI10mm×120mmステンレス全ネジボルトを旭化成のMU10で接着し
FIXEラッペルステーション ステンレスを取り付けた。
今までのクリップ位置より30cm程上に取り付けた。
理由は岩が浮いていた為でてハンマーで叩くとポコポコというような音がした。

それとこのルートのプロテクション5箇所の内3箇所をステンレスハンガーに交換した。
P1040194m.jpg
今まで設置されていたPETZLクデー。
これはケービング用でクライミング用ハンガーではない。
それにヌンチャクが左右に動くのでリードクライミングのときの基本である『進行方向にゲートが来ないようにする』が出来ない。

なので当面の応急処置として
P1040195m.jpg
PETZLステンレスハンガーに交換した。
ただしボルトが鉄製のオールアンカーなのでボルトの強度は無い。
早いリボルトが望まれる。

この作業の途中に登攀工作員さんがOさんと来られた。
早速「コーナー 5.10a」にロープをフィックスしていただいた。
これで作業が随分捗り非常に助かった。
「コーナー 5.10a」は終了点をHILTI10mm×120mmステンレス全ネジボルトを旭化成のMU10で接着しFIXEリング付きハンガー ステンレスを2個取り付けた。
プロテクションの1箇所のアルミハンガーをPETZLステンレスハンガーに交換した。
P1040199m.jpg
これもクライミング用ではなくケービング用だ。
なので
P1040201m.jpg
ハンガーをPETZLステンレスハンガーにしボルトもステンレス製のボルトで締め直した。
壁には30mmのロックアンカーが埋め込まれている。これはオールアンカーよりも強度はある。

昼からは主にアルミハンガーをPETZLステンレスハンガーに交換する作業を行なった。
この作業に昼から来られた、K氏にフィックスをお願いした。

アルミハンガーをPETZLステンレスハンガーに交換したルートは
「もいいいでしょう 5.9」3箇所。「コーナー 5.10a」1箇所。「ロンググリーン 5.11c」1箇所。「パインヒル 5.10c」3箇所。「哲学の道 5.10c」2箇所。「ハットトリック 5.11b/c」5箇所。の15箇所を交換した。ボルトも全てステンレス製にした。
昨日今日で少しは良くなったかな…と思うがマダマダ全体からみれば一部でしかない。
徐々にU氏と相談しながらリボルトをして行こうと考えています。

おまけ
P1040204m.jpg
「活断層」のOさん。
P1040206m.jpg
同じく「活断層」の登攀工作員さん。

それから登攀工作員さん、Oさん、男Kさんとパートナーの方にはロープのフィックスなどお手伝いしていただき大いに助かりました。ありがとう御座いました。
コメント

2日間のリボルト作業お疲れ様でした。
昨日初めてリボルト作業を間近に見て、神経を使う大変な作業だと思いました。

リボルトお疲れ様です

こんばんは。ご苦労様でした。こんなにルートあるんですね。登りたいなあ・・・5.9なんてあるの知りませんでした。10月はぜひ登りに行きますわ~~

リード君≫
後を継いでくれる?


kiyomiさん≫
おはようございます。
数少ないコウモリの5.9です。
是非登って嵌ってください^^。


登るだけでは無く
徐々にリボルト作業を手伝いながら覚えて
後を継いで行こうと思います。

リード君≫
頼もしい言葉やなぁ~
頼りにしてます。

お疲れさまです。

登攀工作員日記さんのブログに拝見してお邪魔しました。

非力に過ぎるロートルにはエールを送るレベルの自己満足しかできないことが残念でたまりません…!。

しかし、本当にお疲れ様でした!。

充電完了!

nature21さん≫
コメントありがとうございますm(_ _)m
貴方のエールで充電できました。
ありがとうございました。

お疲れさまです。

M8の鉄製カットアンカー(ペツルの純正アンカー?)はハンガーとボルトだけステンレスにしても、アンカー側(内ネジ)がガルバニックで腐食(ねじ山磨耗)している場合が多いのでご注意ください。
外見をオールステンにしてしまうと、FIXEなどのグルーインボルトと鋳物アイボルトの見分けがつかないレベルの人は何の疑いもなくフル荷重で使用するでしょう。
なお、M8はステンレスに変えても、スパナで回すだけでねじ切れたケースが何度かありますので、できれば打ち替えの対象でしょうね。印象としてはステンレスのほうが鉄よりも粘りがなく、ペキッといきます。

優先順位を整理するとこうなります。
1位…鋳物(工業用)アイボルト
2位…リング/RCCボルト
3位…M10以下のオールアンカー(素材問わず)
3位…M8カットアンカー(異種金属組み合わせは特に! 傾斜のない安定した岩ならば案外もつ)
5位…私家製ハンガー使用のもの

もちろん、見た目にひどいものは急を要しますね。
あと、岩質とのマッチングも重要です。

よろしくお願いいたします。

D-suke さん≫
ご教示ありがとう御座いますm(_ _)m

PETZL M8をハンガー、ボルト共ステンレス製に交換する時ガルバニック(異種金属接触)での腐食を考えたのですが、一時的応急処置として交換しました。
ご指摘の通り壁に打ち込まれている内ネジが鉄なので接地面積の大きさを考えるとミスマッチですね。ハンガーのステンレスはそのままにして早急にボルトを鉄製に交換します。
今後共ご教示のほど宜しくお願いします。m(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Mr ビーンズのマメマメ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ